名古屋の在宅訪問マッサージ・リハビリマッサージのふくぎ治療院が綴るノウハウブログ


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の在宅訪問マッサージ・リハビリマッサージのふくぎ治療院が綴るノウハウブログ

menu

tel

お問い合わせ

患者様の声

ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 足のマッサージが痛い!への対処法は横向きの姿勢で改善
2015年08月11日

足のマッサージが痛い!への対処法は横向きの姿勢で改善

マッサージは弱めが好きな訪問リハビリマッサージのふくぎ治療院、北川です。

高齢の方を中心に訪問はり灸マッサージにて治療を行っていますが、「入院中のリハビリ以外でマッサージ受けたことありません」という方は意外と?多くみえます。このマッサージを受けたことがあるかないか、というのは大事な情報なので必ず確認するようにしています。

大事な理由は3つあります。

1.多くの患者さんが痛みのある状態で、マッサージが初めての人はこちらが予想したより痛みが出やすい。特に、首や肩、腰、ふくらはぎなどで顕著。そのため、細かく痛みの確認をしながら進める。

2.1に近いですが、体がマッサージを受けたことないと、少ない刺激でも揉み返しとして出ることがある。これは体の緊張が高かったり、初めてのマッサージで緊張して力が入っていたりで起こります。数回もすれば出なくなりますが、最初は「もしかして悪くなってしまったかも」と考えがちです。先にそのようになる可能性を伝えています。

3.どれほどの刺激が普通なのかわからず、痛くても我慢してしまう場合がある。当院では、体に力が入ってしまうような痛みは良くないので言ってもらうようにしています。

初めての方には、痛みに対して注意深くマッサージを行うようにしています。これは、はり灸でも同じです。最初に信頼を失うと、良くなるものも良くなりません。また、痛みが強い治療は交感神経を優位にして血流量を減らすため、実際の効果も出づらいのです。

患者さんの痛いにどう対処するか

このように痛みを慎重に確認しながら進めるのですが、たまに痛みが出やすい人がいます。その場合、こんな会話があったりします。

子供

揉んでいると、患者さんの力が入っている感じがするので、

私「ここのマッサージ痛いですか?(ここが悪い場所だな)」

患者「かなり痛いですね」

私「弱めましたがどうですか?(これくらいかな)」

患者「まだ痛いです」

私「これだったらどうですか?(これはさすがに痛くないやろ)」

患者「もう少し弱くしてもらえますか?」

私「さすさす(これじゃ効果出ないぞ・・・)」

患者「それだったら大丈夫です」

マッサージ師なら一度は体験するんじゃないかと思います。

痛いマッサージはダメなわけだし、患者さんが痛くないと言う範囲でマッサージすると表面しか触れてなくて効果を出すのが難しい。このままじゃ、痛くて嫌がられるか、効果がないと罵られるか、何にしても悪い結果しか残せない!どうしよう!?

そんな時に、必殺技があります。こちらの力は抜かず、患者さんを痛いと思わせず、圧がしっかりはいるので効果が出る方法!お教えしましょう。ただし、場所が限定されます。足の後ろ側のマッサージに有効です。例えば、こむら返りがあり、ふくらはぎをマッサージするとすぐに痛がる、攣ってしまう人には持って来いです!

必殺、横向きのマッサージ

だいぶもったいぶりましたが、必殺技とは横向きの姿勢でマッサージすることです。

横向きの猫

「おいおい、冗談はよせよ、そんなのやってるよ!」とお思いの方も最後までご覧ください。ただ横向きにするだけではありません。

膝を出来るだけ曲げた状態にする

そうすればあら不思議、さっきまで痛いと言っていた、ふくらはぎのマッサージが痛くない。なぜこんなことが起こるのか、簡単に説明します。

突っ張ったゴムと緩んだゴム

マッサージすると痛くなりやすい筋肉というのは、表面が張っています。一言でいうなら伸ばされたゴムの状態です。痛みが出づらい筋肉はたわんでいます。緩んだゴムの状態です。

P1090650

伸ばされたゴムを押してもほとんど押せません。すぐに突っ張って無理が出ます。

P1090651

緩んだゴムを押すと奥まで押せます。元々緩いので無理がありません。

このようなことが実際の筋肉で起こるのです。膝を曲げた状態にすれば、ふくらはぎの筋肉は緩んだゴムのようになります。それにより、無理なく痛みなく深く沈めてマッサージがすることが出来るのです。

ハリにおいてはこのような姿勢を取ることで、ズンと重くなるようないわゆる「響き」が軽減され、それが苦手な人は楽に治療を受けることが出来ます。

まとめ

今回は一番簡単な足を痛みなくマッサージする姿勢をお伝えしましたが、これは全身で可能です。とにかく、筋肉が縮むような姿勢を取ればいいのです。お腹なら足を曲げた状態で、太ももの前側なら足を伸ばして座る姿勢で、上腕二頭筋なら肘を曲げた姿勢で、など応用できます。

患者さんに言われた通りにするのが治療ではありません。それは慰安。どうしたら最大の効果が負担なく行えるかを考えながら行うのが治療です。患者さんの笑顔のために、脳みそにもたくさん汗を流しましょう。

へばの〜

コメント

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

おすすめの記事

同じカテゴリーの記事を見る

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ

css.php