名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

  • TOP
  • 治療症例
  • 首から手の甲まで痺れ感がある方の訪問はり灸

首から手の甲まで痺れ感がある方の訪問はり灸

病名・症状
患者情報

90代 女性 家族と同居

導入経緯

以前より膝痛の治療のため訪問リハビリはり灸で伺っていたが、新しく症状が出てきた。

ADLの状況

首から手の甲まで広い範囲に痛みがある。特に、首の横側・腕の付け根・手の甲(親指と人差指の間)に痛みと痺れ感がある。

動きも悪く、ズボンを上まであげる、食事の際に食器を使う、立ち上がりの際にうまく行えず困っている。

ご家族は、ずっと痛みの話を聞かされ参ってしまっている。

病院の検査では、肩の関節が石灰化してきており、猫背のため首の脊柱管が狭くなっているのでそのせいではないかと言われたとのこと。ブロック注射を受けたが変化なし。完治は無理と言われる。

治療内容

首から指までの広い範囲の症状であることから、首の筋肉である斜角筋のトリガーポイントからの痛みを疑った。

斜角筋

患者さんが横向きの状態で斜角筋にハリをすると、手の甲にある痺れの部分に強い痛みが出たため原因を斜角筋と特定。ハリを刺したまましばらく置いた後、本人に確認すると痛みが10→2に低下。

経過

その後も3度首の治療を行うことで、今までのような強い痛みは消失。難しくなっていた動作も、以前と同じように行えるようになった。

多くの時間ベッド上で過ごされているが、枕と首に大きなスペースがある状態で使っていたので、出来るだけスペースをなくすようにすることで、首に負担をかけないようにお願いした。

動かしづらさや、膝の痛みはあるので継続して治療していく。

考察

当院では現在トリガーポイントと、古武術鍼法という2種類のハリ技術を用いているが、広い範囲の痺れにはトリガーポイントを使っています。

斜角筋トリガーポイント

(http://www.triggerpoints.net/より)

絵のように、痛みの場所から原因になっている筋肉を特定するようにして治療を行います。

今回の方は90代ということで本人も含め諦めてみえるようすがありましたが、病院で大きな病気が見つからなかったことと、最近出てきた症状であることから治療可能と考えました。

当院では、年齢よりも症状で治療が可能かどうかを考え治療を進めるようにしています。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ