名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

  • TOP
  • 治療症例
  • 化膿性脊椎炎に対する訪問リハビリマッサージの症例

化膿性脊椎炎に対する訪問リハビリマッサージの症例

病名・症状
患者情報

70代 女性 介護施設入居 要介護4

導入経緯

数年前に化膿性脊椎炎と診断。施設に入ったがADL低下し寝ている時間も増えてきたため介護施設より相談があった。

ADLの状況

化膿性脊椎炎からと思われる足の痺れや軽い麻痺、強い腰痛の訴えがある。立位は軽介助で行えるが短時間で移乗や歩行は難しい。夜間はおむつ利用で多くの場面で介助が必要になっている。

治療内容

痛みに対してはマッサージで対応。トイレやオムツ替えの場面で大変だと職員さんより伺ったため立位の保持やお尻上げが安定して出来るような運動メニューを実行する。

また、本人との目標としては一人で移乗が出来るようにすることとし、立位が安定次第移乗訓練を行っていくことを伝える。職員さんがあいた時間に見守りで出来るような運動メニューもお伝えし、訪問しない日は行って頂くよう伝えた。週3回訪問。

経過

開始2ヶ月で立位保持やお尻上げは行えるようになり介護が楽にできるようになったとお話し頂けた。半年で見守りで移乗も行えるようになった。痛みは当初の半分程度。気候や日によって痛みに差があるが、痛くて動けないということはない。その後入院がありADL低下。再度、立ち上がりの練習から行っている。

考察

施設での治療は、重度の方であるほど職員さんとの連携が必要になってくる。今回は本人の意向だけでなく職員さんの話も伺い両方に入ってもらえ良かったと思って頂けるよう訪問している。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ