名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

  • TOP
  • 治療症例
  • 60代で脳梗塞の訪問リハビリマッサージ症例

60代で脳梗塞の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

60代 女性 独居 要介護2

導入経緯

脳梗塞にて入院しリハビリが終了。帰宅となるが保険点数の兼ね合いで毎日リハビリ指導を受けることが出来ないが、本人は良くなりたいという希望が強い。そんな中、健康保険で利用できる訪問マッサージということでケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

麻痺は残っており、患側の腕は自力での曲げ伸ばしは無理。足は分離運動が出来ず突っ張った状態。ただし単純な下肢の曲げ伸ばしは十分な筋力がある。杖歩行可能。ほとんどの日常動作は自立しているが、今以上に良くなりたいという想いが強い。

治療内容

本人の一番の希望は歩行の安定なため下肢の改善を一番に目指すこととした。単純な筋力は十分にあるため、分離運動(それぞれの関節が自由に動く)の獲得や筋緊張の緩和、バランス能力の獲得に関係するリハビリ運動を行った。

具体的には、マッサージからの関節可動域訓練、ストレッチ、座位での下肢運動、立位での前後左右への荷重訓練など。合わせてデイケアの先生と連携しそちらで腕のリハビリを中心に行うこととした。週3回訪問。

経過

本人のモチベーションが高く、自主練習としてお伝えした運動もしっかりと行って頂いた結果少しずつだが確実に回復していった。途中転倒もあったが大事にはいたらず半年後には分離運動も出来るようになり、歩行が安定。痺れもほとんど気にならないレベルになった。手指の動きと長距離の歩行が改善するよう引き続き治療を行っていく。

考察

60代と比較的若かったため退院後も少しずつ改善が見られた。経験的に70代までは脳梗塞などの後遺症でも内臓が無事であれば回復の見込みがあると感じている。

若い方の場合は、運動をやりすぎて痛みが出たり怪我をすることが多いためそちらに注意が必要。曲げすぎる屈伸運動や、体の軸が崩れた運動を行っていることがあるので、自主的に行っている運動の確認も定期的に行う必要がある。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ