名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

  • TOP
  • 治療症例
  • レビー小体型認知症で寝たきりの訪問リハビリマッサージ症例

レビー小体型認知症で寝たきりの訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 女性 旦那さんと同居 要介護5

導入経緯

10年ほど前にレビー小体型認知症と診断され、体と脳の機能が少しずつ低下。拘縮がかなり進行し介護が難しくなる中、これ以上の拘縮進行を防ぎたいということでケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

四肢の屈曲拘縮が強く全身に強く力が入っている。ご自身で動くことや会話することも難しい。日中は毎日デイサービスを利用。

治療内容

全身の緊張が強く力が入っている状態のため、いかに脱力させるかがポイントになってくる。治療の流れは①関節可動域訓練②マッサージ③さらに関節可動域訓練④端座位訓練となることが多い。

力が入った筋肉をマッサージしてもダメージを与えてしまう可能性があるので関節可動域訓練から行う。そして少し力が抜けたところからマッサージを行いさらに力が抜けるよう関節を動かす。最後の端座位訓練は足裏が地面に着くようベッドの高さを調整し、首を中心とした全身の力を抜けるよう前後左右や体をひねる動きを行う。

直接行う治療はこれで終了となるが、横になり寝た瞬間に力が入り始める。それを防ぐためクッションなどを使い緊張しないポジショニングを作ることで治療効果を保ち拘縮の予防としている。

経過

大きな改善はないが、端座位を取ることで以前より早く緊張が取れるようになった。緊張が減ったことで介護者が行う着替えなどの動作が行い易くなった。しかし、誤嚥による肺炎で入院を何度か行い良い状態と悪い状態を繰り返している状況。今後も、ご本人様が楽に過ごせ介護者の負担が減ることに繋がるよう訪問していく。

考察

レビー小体型認知症はパーキンソン病と似たような症状の出る認知症。そのため、体が緊張しやすく寝たきりに繋がりやすい病気になります。緊張が強い症状は、大きな関節(首、肩、肘、股、膝、足)を動かしながら緩めることで細かい関節の力も抜けてくることが多いように感じています。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ