名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

  • TOP
  • 治療症例
  • 末梢神経障害で寝たきりの訪問リハビリマッサージ症例

末梢神経障害で寝たきりの訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 女性 旦那さんと同居

導入経緯

数ヶ月の入院後退院するも筋力低下、腰痛あり歩行困難。デイサービスに拒否あり、訪問PT・マッサージも試したが施術が気に入らずすぐに中止。介護する旦那さんも高齢で介護疲れが見られた。日に日にADL低下する中、ケアマネジャーより相談あり初回訪問。幸い施術も気に入って頂け訪問開始。

ADLの状況

バーに掴まっての立ち上がりも力が入らず介助が必要な状況で、バルーンとポータブルトイレを使用。トイレと食事以外は寝て過ごされている。下肢に浮腫と痺れるような痛み、昔からの腰痛もある。

治療内容

訪問当初は痛み、痺れ、浮腫の改善を目指しマッサージ中心に施術し、ベッド上での機能訓練も実施。ヒップアップや下肢の開閉、足関節の運動などを行う。週2回訪問。

経過

早い段階で痛み等の改善が見られたため、マッサージの比率を減らし座位での機能訓練と立ち上がりの訓練を追加。気持ちが前向きになる中、デイサービスを勧め週1回で利用開始。筋力回復し手すりに掴まっての歩行が可能になる。

最終的には外に出て喫茶店に行きたいという本人の希望を考慮し歩行器の利用を提案し歩行訓練を開始。家の中での歩行が可能になり、排便はトイレを利用され洗濯なども手伝われるようになる。その後、お子様が事情により約1年で治療終了となった。

考察

脳からの下肢麻痺ではなかったため、著しい回復が見られた。下肢筋力が低下していたが、体幹の筋力低下も影響が大きいと判断し腹筋や背筋運動など体幹の機能訓練も同時に行ったのが良かったのではないか。

歩行器は体幹の弱さを考慮し、ふらつきが出づらい持ちあげなくても使えるタイヤが付いたものを使用した。体はすぐに変わらないが、道具を使うことでADLを短時間で大きく伸ばすことが可能なため、当院では積極的に提案を行っている。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ