名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

  • TOP
  • 治療症例
  • 脊柱管狭窄症による痛みの訪問マッサージ症例

脊柱管狭窄症による痛みの訪問マッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 女性 娘さんと同居 要介護1

導入経緯

頚部・腰部の脊柱管狭窄症手術後に退院するも膝や肩の痛みが強くADLが低下。日中独居でありこのままでは生活が難しいためケアマネジャーより依頼があった。女性希望であったがお会いして受け入れてもらえた。

ADLの状況

膝、胸、肩の強い痛みがありベッドの柵を持っていも痛いため起き上がりもままならない。特に夜間になると痛みが強く睡眠不足。出来るだけ痛くないよう無理な体勢で起きるためベッドから落ちることもある。立ち上がり出来るが膝折れがあり長時間は危険。トイレは伝い歩きで何とか行えている。

治療内容

痛みの緩和と安全に起き上がりが出来るようになることが最優先事項。介護用ベッドの背上げを使えば楽に起きられそうだが目が悪く今まで使っていなかった様子。背上げのスイッチにわかりやすい色のテープを貼付け視認性を良くして使い方を伝える。仰向けからそのまま起き上がっていたので一度横向きになってから起き上がるよう合わせて伝える。

痛みについてはマッサージと関節可動域訓練を行う。膝折れについてはベッド上や立位での下肢筋力強化訓練を実施。週2回訪問。

経過

安全な起き上がりは、開始2週間で習得。ベッドから落ちることがなくなり、起き上がりの負担も減った。2ヶ月後には胸・肩の痛みが軽減し背上げがなしでも起き上がりが可能に。

半年後には膝も含め痛みが減り膝折れすることもなくなった。家族と一緒に歩行器を使って廊下などで歩行訓練も行うようになる。体力面で長距離歩行は難しいが本人が自主的に運動しているため少しずつ改善は見られる。一人で外を歩行出来るようになるよう継続して治療を行っている。

考察

この方も含め痛みや筋力低下で起き上がりや立ち上がりが自己流になっている方が多いが、その方法がより痛みを強くし動きを悪くする「事故流」になっているケースがある。このような負担になっている部分から改善しなければ、いくら治療を行っても変化が出づらいため初回訪問時に確認するようにしている。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ