名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

脳梗塞・脳出血

末期がん患者への訪問マッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 女性 家族と同居 要介護3

導入経緯

胃がんの末期とわかり緩和病棟への入院も検討したが、本人が家での生活を望まれた。痛みが強くその緩和のため訪問看護より訪問マッサージの提案があり、それを受けたケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

背中から腰にかけて痛みが強い。足は全体的に浮腫みが見られる。立ち上がりまでは出来るため、ポータブルトイレ使用でトイレ動作は自立。食事などもご自身で行える。医師からは余命3ヶ月と言われている。

治療内容

出来る限りギリギリまで本人がポータブルトイレへの移乗が出来るよう、少し遠くに置いてあり転倒の危険があったためベッドサイドに変更。

マッサージを受けて頂き体が楽になるという話があったので全身のマッサージ行う。局所的に痛みを感じる場所があるため、圧の強さに注意しながら行う。浮腫みに対しては、求心性に流すようなマッサージを実施。週3回訪問。

経過

1週ごとに少しずつADLが低下し、浮腫みが強くなり食欲が落ちていく。寝ている時間が増え、褥瘡が発生。ベッドをエアマットに変更し対応。褥瘡の状態については看護師と連絡を取りながら状態を確認し、影響がない範囲でマッサージを続ける。ポータブルトイレも使えなくなりオムツ対応。開始から4ヶ月後に他界。

考察

末期がんの方のケアで我々が出来るのは痛みの緩和と出来るだけ自尊心を失わないよう周辺環境を整えることと考えています。出来ることは多くありませんが、その人らしい家での暮らしをサポートしたい。

通常訪問看護や医師の往診がありますので、出来るだけ医療従事者と連携し体の状態を把握しながら訪問するようにしています。この方は状態が悪化する中でも、マッサージ後に毎回「ありがとう」と言ってくださる姿が印象的でした。

慢性腎不全で透析の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 男性 奥さんと同居 要介護3

導入経緯

脳出血で入院後リハビリを終了して退院。幸い大きな障がいは残らなかったが、退院時はほぼ寝たきりで胃ろうを使用。その後回復したが透析しており動くことが少ないためケアマネジャーよりリハビリを提案。マッサージであればという本人の話があり依頼があった。

ADLの状況

現在は、起き上がりや立ち上がりは自立。歩行はつたい歩きで可能。外出は車椅子で奥さんに押してもらっている。食事はとろみ食で経口摂取。週3回透析があり体力落ちている。目立った痛みはなし。

治療内容

痛みや浮腫みなどはないため、ADLの維持・向上を目的として通常よりリハビリ運動を多めのメニューとした。福祉用具事業所より歩行器や杖の相談を受けたが、歩き方は歩行器より3点杖の方がいい状態だったためそのようにお伝えする。

全身のマッサージを行いながらベッド上での下肢筋力強化訓練・立位でのバランス訓練・杖での歩行訓練を行った。ただ、転倒の危険性は高いため日常生活ではつたい歩きで対応頂いた。また奥さんの介護負担も心配されたため、出来るだけお話を聞くよう心がけた。週2回訪問。

経過

治療を開始して2ヶ月後に肺炎で入院。退院出来たが、新しく足の痛みがあり嚥下能力低下のため胃ろう対応になる。歩行能力も低下したため杖から歩行器の利用に変更。その後も入院があり現在起き上がりが精一杯。体力もかなり低下しており、運動にあまり時間が取れないが介護負担も心配されるため移乗訓練を中心に行っている。

考察

透析の方は体力が低下している方が多く、多くの運動をこなせないため高齢者では大きな回復が難しい場合が多い。その中でも透析のない日の午前中という体力のある時間帯に訪問するようにしている。日によっての体調も大きく違うためマッサージとリハビリのバランスも注意が必要になる。

本人の希望や状態、年齢にもよるが回復を狙うよりも積極的に維持を目的として治療を行ったほうが長い目で見て本人や家族の気持ちが楽になる場合もあると考えている。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ