名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

腰椎圧迫骨折・変形性膝関節症

寝返りや起き上がりでの腰痛に訪問はり灸マッサージ

病名・症状
患者情報

70代 男性 家族と同居

導入経緯

腰椎圧迫骨折後、リハビリにより痛み・ADL共に回復してきたが、半年後あたりから違う腰の痛みが出てきた。骨は繋がっているということだが悪化してきたため、ケアマネジャーより相談があった。

ADLの状況

たくさんの腰痛を見てきているが、かなり変わった症状だった。

立位や短距離の歩行は大丈夫だが、ベッド上で横になり寝返りや起き上がりをする際に強い痛みが出る。一度起きてしまい、しばらく時間が経てば痛みはなくなる。立っていれば、どんな動きでも大した痛みはないが、寝た状態だと何をしても痛い。

マッサージでは、押した時はもちろん、その後手を離した瞬間も痺れるような痛みが出る。

歩行は短距離なら可能だが、すぐにふくらはぎが痛くなる間欠性跛行が見られる。膝から下を指先で押しただけでも、針で刺されたような痛みが出る。朝起き抜けに、こむら返りが頻発していた。

痛みの出方から脊柱管狭窄症や心筋梗塞の既往歴から閉塞性動脈硬化症を疑ったが、病院での検査で痛みが出るほどの症状ではないとされた。

治療内容

病院の検査で原因不明とされたことから、筋肉からの痛みだと考え治療した。本人は起き上がりの痛みを一番気にしていることから、その改善を中心とした。

腰とふくらはぎは動きの中で関係性があることと、どちらも症状があることから重点的にマッサージを行った。また、寝返りの痛みは太ももの内側(内転筋)の緊張と関係が深いことから、内転筋と腸骨筋のマッサージもしっかり行った。

ふくらはぎのマッサージでかなり強い痛みがあり、普通にマッサージを受けるのが難しそうだったが、工夫することで痛みなくマッサージが受けられるようになった。(その方法はこちら

腰椎の動きを良くすること、仰向けの状態で足を横に倒しやすくなるよう活法も合わせて行った。

ハリ(古武術鍼法)も有効と考えたが、本人に恐怖心があるため、円皮鍼というシール型の刺激のないハリを腓骨周辺に使用した。

週2回訪問。

経過

治療開始当初、本人には効果を実感してもらうことが出来なかったが、治療を重ねる毎に少しずつ動きの改善が見て取れた。寝返りや起き上がり時に顔をしかめることもなくなったことから、本人が気づかない部分で痛みの低下も確認できた。

2ヶ月で本人にもわかるほど明らかに変化があり、痛みは半減、こむら返りはほとんど出なくなった。手すりを持たないと出来なかった起き上がりが、手すりなしでも行えるようになった。

今後は、日常的にベッド上で楽に動ける体作りと、歩行の安定を目標として治療の終了を目指す。

考察

原因がよくわからない痛みというのは本当に多い。そのような場合は、「いつ」「どんな時に」「どんな姿勢で」「どんな動きで」「どんなふうに」痛みが出るのかを知ることが治療の指標となる。

痛みはすぐに変化が出ない(感じられない)ことがあるが、動きはすぐに変化し客観的に確認することが出来る。どのような場合でも、動きが良くなれば痛みは減っていくと考え進めていく。今回のように、病院で異常なしと言われていれば特に。

腰椎圧迫骨折の訪問鍼灸治療症例

病名・症状
患者情報

90代 女性 独居 要支援2

導入経緯

腰椎圧迫骨折後、骨はくっついたと言われるが痛みが続いている。本人がケアマネジャーに相談し以前に鍼灸マッサージの治療を受けていたことから改善のため相談があった。

ADLの状況

寝返りや起き上がり、歩行時に腰からお尻にかけての痛みが強い。なんとか動けているが、痛すぎて動く意欲が低下している。合わせて肩甲骨の痛みと指の痺れも強くなっている。外出が必要な用事はヘルパーや近くに住む家族にお願いしている。

治療内容

今回は痛みが主な訴えだったため、緩和効果の高い鍼灸治療を提案し了承頂いた。痛みの部位を確認していき、それぞれ原因と思われる筋肉を特定していった。肩は棘下筋、腰は腰方形筋、お尻は中殿筋が主な原因と考え鍼を中心に治療していった。週2回訪問

。腰椎圧迫骨折はベッドからの滑り落ちが原因であり、確認したところベッドとマットのサイズが違うため滑りやすくなっていた。マットの位置を変更し普段座る場所にズレを無くすことで滑り落ちの危険を減らした。

経過

治療開始2ヶ月ほどで寝返りや起き上がりの痛みはほとんどなくなる。4ヶ月で杖歩行も可能に。その後も鍼灸治療を続けながら歩行訓練を行い外での歩行も安全に行えると判断し1年弱で治療終了。

考察

脊柱圧迫骨折や大腿骨骨折は骨がくっついた後も痛みや痺れを訴えることも多い。この場合は骨ではなく筋肉からの痛みであることが多く、早くADLを回復させるならマッサージより鍼灸治療の方が向いていると考える。鍼に対して恐怖心が強い方には極細の鍼や刺さない鍼なども使い出来るだけ痛みなく治療を受けながら慣れて頂くようにしている。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ