名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

便秘

末期がん患者への訪問マッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 女性 家族と同居 要介護3

導入経緯

胃がんの末期とわかり緩和病棟への入院も検討したが、本人が家での生活を望まれた。痛みが強くその緩和のため訪問看護より訪問マッサージの提案があり、それを受けたケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

背中から腰にかけて痛みが強い。足は全体的に浮腫みが見られる。立ち上がりまでは出来るため、ポータブルトイレ使用でトイレ動作は自立。食事などもご自身で行える。医師からは余命3ヶ月と言われている。

治療内容

出来る限りギリギリまで本人がポータブルトイレへの移乗が出来るよう、少し遠くに置いてあり転倒の危険があったためベッドサイドに変更。

マッサージを受けて頂き体が楽になるという話があったので全身のマッサージ行う。局所的に痛みを感じる場所があるため、圧の強さに注意しながら行う。浮腫みに対しては、求心性に流すようなマッサージを実施。週3回訪問。

経過

1週ごとに少しずつADLが低下し、浮腫みが強くなり食欲が落ちていく。寝ている時間が増え、褥瘡が発生。ベッドをエアマットに変更し対応。褥瘡の状態については看護師と連絡を取りながら状態を確認し、影響がない範囲でマッサージを続ける。ポータブルトイレも使えなくなりオムツ対応。開始から4ヶ月後に他界。

考察

末期がんの方のケアで我々が出来るのは痛みの緩和と出来るだけ自尊心を失わないよう周辺環境を整えることと考えています。出来ることは多くありませんが、その人らしい家での暮らしをサポートしたい。

通常訪問看護や医師の往診がありますので、出来るだけ医療従事者と連携し体の状態を把握しながら訪問するようにしています。この方は状態が悪化する中でも、マッサージ後に毎回「ありがとう」と言ってくださる姿が印象的でした。

変形性膝関節症の訪問鍼灸マッサージ症例

病名・症状
患者情報

90代 女性 独居 要介護1

導入経緯

以前から膝を中心とした痛みがあり、弱視のため一人での外出が難しいため訪問治療を受けていた。しかし、治療師が本人とのトラブルもあり急に訪問を中止。代わりの事業所としてケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

変形性膝関節症の痛みがあり長距離の歩行は難しいが、屋内では問題ない。弱視のため、外出は付き添いが必要だが家族での対応も難しくほとんど行っていない。脳梗塞については上下肢に軽い麻痺があるが日常生活に支障はない程度。便秘があり座薬を常用しているが、薬による急激な便意で排泄に失敗してからは使用を控えるようになった。

治療内容

マッサージを中心とした膝の痛み及び麻痺による痺れを軽減を目指す。歩行能力維持のために運動も提案したが、膝の痛みに集中してほしい本人の希望ありお尻上げなど最低限の内容にとどめた。便秘についてはお腹のマッサージを行った。週2回訪問。

経過

治療開始から半年後に本人の希望もあり鍼灸治療も保険を利用しながら平行して開始。膝の痛みかなり改善。定期的な排便があり、薬の使用は年数回で済むようになった。回復に合わせてずっと拒否があったデイサービスも利用開始。入浴に不安があったが、解消された。

2年後転倒があり腰椎骨折。退院したがお尻の痛みが強く歩行は短距離のみ。現在はお尻の痛み改善を中心とした鍼灸マッサージを行いトイレ利用訓練などADL改善のための運動を行っている。週3回訪問に。

考察

マッサージと鍼灸の保険は同時に利用することも可能で、特に痛みの強い方や早期の回復を希望される方に併用治療を提供している。特に膝の痛いや五十肩のような直接患部をマッサージすると痛みがあるような症状には、鍼灸で遠隔からの刺激が非常に有効となってくる。

デイサービスなど利用されないことでご家族の負担が大きくなるケースも多くあるため、訪問の中で関係構築をしながら必要性や有効性を理解して頂き利用を促すケースもよくあります。

認知症で脳梗塞の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 女性 旦那さんと同居 要介護3

導入経緯

5年前に脳梗塞を発症。その後2度の入院があり、少しずつ状態が悪化。退院後寝ている時間が多く昼夜逆転もありご家族の介護負担が大きくなってきたため、ADL向上を目的にケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

確認したところ、筋力は歩行器を使っての歩行が出来るレベルにある。しかし、立ち上がりでも介助してもらっている。歩行では健側に体重がかかり麻痺側を引きずるような歩きが見られ長距離の歩行は難しい。

本人の意欲が低く認知症もあるためこちらの言葉が思ったとおりに伝わらず、構音障害もあるためコミュニケーションが難しい。食事はリビングに行くのは面倒ということでベッドでの食事が多い。慢性的な便秘がある。

治療内容

昼夜逆転の改善、腹圧をかけることでの便秘解消、ADL維持を目的とし出来るだけ座っている時間を増やして頂くようご家族に伝える。介護負担を減らすため、まずは立ち上がり改善に着手。ベッドの高さを本人に合わせ、楽に立てる状態で立位訓練を行う。

車椅子への移乗は介助が必要なためご家族に負担の少ない介助方法をお教えした。便秘が続く場合は腹部マッサージも行う。もちろん、全身のマサージとリハビリ運動や歩行訓練、特に麻痺側の臀筋強化を中心に行った。週2回訪問。

経過

開始1ヶ月は順調で昼夜逆転が減り、食事もご家族と摂られるようになって口数も増えていった。しかし、生活の中でご家族が目を離すとお一人で動かれることが多く何度か転倒し、痛みがある間は運動を中止。その後感染症で入院があり歩行は難しくなる。

週3回訪問に治療日数を増やし改善を目指したが寒さによる筋緊張の増大と認知症の進行がありベッドで過ごされることが増える。結果、ご家族の負担も初回訪問時より増えてしまった。その後ショートステイを利用しながらの治療であったが、再度感染症があり現在入院中。

考察

麻痺、認知症、80歳以上という条件があるとどうしても改善するのが難しくなってくる。この方は麻痺が軽かったため改善の見込みがあったが、認知症状に合わせたケアが適切だったのか、ADLの改善がベストの選択だったのかということを考えなおさなくてはいけない。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ