名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

寝たきり

末梢神経障害で寝たきりの訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 女性 旦那さんと同居

導入経緯

数ヶ月の入院後退院するも筋力低下、腰痛あり歩行困難。デイサービスに拒否あり、訪問PT・マッサージも試したが施術が気に入らずすぐに中止。介護する旦那さんも高齢で介護疲れが見られた。日に日にADL低下する中、ケアマネジャーより相談あり初回訪問。幸い施術も気に入って頂け訪問開始。

ADLの状況

バーに掴まっての立ち上がりも力が入らず介助が必要な状況で、バルーンとポータブルトイレを使用。トイレと食事以外は寝て過ごされている。下肢に浮腫と痺れるような痛み、昔からの腰痛もある。

治療内容

訪問当初は痛み、痺れ、浮腫の改善を目指しマッサージ中心に施術し、ベッド上での機能訓練も実施。ヒップアップや下肢の開閉、足関節の運動などを行う。週2回訪問。

経過

早い段階で痛み等の改善が見られたため、マッサージの比率を減らし座位での機能訓練と立ち上がりの訓練を追加。気持ちが前向きになる中、デイサービスを勧め週1回で利用開始。筋力回復し手すりに掴まっての歩行が可能になる。

最終的には外に出て喫茶店に行きたいという本人の希望を考慮し歩行器の利用を提案し歩行訓練を開始。家の中での歩行が可能になり、排便はトイレを利用され洗濯なども手伝われるようになる。その後、お子様が事情により約1年で治療終了となった。

考察

脳からの下肢麻痺ではなかったため、著しい回復が見られた。下肢筋力が低下していたが、体幹の筋力低下も影響が大きいと判断し腹筋や背筋運動など体幹の機能訓練も同時に行ったのが良かったのではないか。

歩行器は体幹の弱さを考慮し、ふらつきが出づらい持ちあげなくても使えるタイヤが付いたものを使用した。体はすぐに変わらないが、道具を使うことでADLを短時間で大きく伸ばすことが可能なため、当院では積極的に提案を行っている。

脳梗塞で寝たきり・褥瘡の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 女性 旦那さんと同居 要介護4

導入経緯

数年前から痛みなどによりベッドで過ごすことが増え、1年前からはほとんどベッド上での生活に。そのため褥瘡が出来てしまった。主治医からリハビリをする事業所を入れるようケアマネジャーに話があり相談があった。

ADLの状況

基本的に全ての動作は家族に介助してもらいながら行っている。仙骨部の褥瘡、膝の痛み・拘縮、起き上がり時のめまいがあり耳が遠い。こちらの声掛けに反応は出来る。デイサービスを利用される以外はベッド上で生活している。

治療内容

早急に褥瘡の改善が必要であり、そのためには寝返りの自立や座位時間の確保が必要になってくる。寝返りは手すりがあれば可能だが、寝てテレビを見るためベッドの手すりが外されていた。必要性を説明し、テレビの角度を変えることで手すりを設置させてもらう。

治療としては褥瘡部以外のマッサージと膝を中心とした関節可動域訓練。ベッド上での下肢筋力強化訓練と座位バランス訓練を行う。起き上がりは急に行うとめまいが出る可能性があるので背上げを使い少しずつ座位に近づけていき眼振なども確認しながら座るようにした。週3回訪問。

経過

自身で寝返りが出来るようになったこともあり開始3ヶ月で褥瘡の状態は良好。座位の時間が増えたことで起立性のめまいも減った。家族の介護負担が大きいためショートステイも利用開始。ただ、痛みや不調でリハビリは思うように行なえず寝返り以外はADLにあまり変化が見られない。粘り強く治療していく。

考察

褥瘡がある患者さんは治療の前に褥瘡になってしまった原因を考え再発しない環境づくりをすることが早急に必要となる。今回も、すぐに福祉用具事業所と相談し手すりなどの変更を行った。意識があるが寝たきりの人はどれだけ日常的に座位を取れるように出来ることをゴールとし、そのためには何が必要かを考えながら治療を行っている。

脳出血で寝たきりの訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 男性 施設入居 要介護4

導入経緯

寝たきり状態で褥瘡も出来てしまい、拘縮が進んでいた。リハビリが出来ておらずケアマネジャーから依頼があった。

ADLの状況

日中寝たきりで、痙性麻痺のため患側の拘縮強く自分で動くことは難しい。お話はされないが、うなずきなどで意思表示は出来る。小便はバルーン対応。食事の際は車椅子に座り介助してもらいながらご自身で食べることも出来る。仙骨部に褥瘡あり、手指も赤みが出てきている。処置のため訪問看護を利用。

治療内容

全身のマッサージと関節可動域訓練。施設職員さんから股関節の緊張が強くオムツ替えが大変とのお話があったので、ここを重点的に行う。関節可動域訓練は仰向けで行うと褥瘡が悪化する可能性があるため横向きで行う。合わせて、端座位訓練で全身の筋緊張低下を目指す。この際も褥瘡部に負担がかからないよう注意した。

職員さんより、介護用クッションの当て方や移乗方法、安定座位の方法など相談があったのでそれぞれお伝えした。特に介護用クッションの当て方は重要で、良肢位を取るため効果的に利用するにはコツがあるため写真を撮って共有してもらった。週2回訪問。

経過

治療開始してすぐに車椅子で座った時の傾きが減り、飲み込みが良くなったためか食事のスピードが上がった。褥瘡は2ヶ月ほどで完治したため、控えめに行っていた関節可動域訓練や端座位訓練もしっかり行うようにした。

日中も座る時間が増えたことで傾きがなくなり、全身の筋緊張も低下。オムツ替えも以前より楽に出来るようになったと話があった。

その後、誤嚥による入院がありADL低下。拘縮の悪化予防と褥瘡予防を一番の目的として治療を行う。

考察

寝たきり状態であったが、意思疎通が出来たためある程度の回復が見られた。反応が全くない方だと維持は出来ても改善は難しい。介護施設では職員さんから色々相談を頂くことが多いので、普段からセミナー等に参加して最新の知識を取り入れるよう取り組んでいる。

パーキンソン病で寝たきりの訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
導入経緯

パーキンソン病と診断後、持病の糖尿病が悪化し片足切断。その後、寝たきりになり拘縮が悪化。介護が大変になってきたため拘縮の悪化予防をメインにケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

腕は屈曲位(曲がったまま)、足は伸展位(伸びたまま)で拘縮している。会話など意思の疎通は出来ない。食事は胃ろう。吸痰をを定期的に行っている。

治療内容

全身の緊張が強く力が入っている状態のため、いかに脱力させるかがポイントになってくる。治療の流れは①関節可動域訓練②マッサージ③さらに関節可動域訓練④端座位訓練。細かく言うと、人によって少しずつ違うのだが文にするとこうなります。吸痰をしており、首の後屈が強いのでここを緩めることで痰の出も良くなることがある。座位など力が抜けた状態の時に、前後などに動かして緊張の緩和を目指す。週2回訪問。

この方は多くの事業所が出入りされていたので、許可を得て力の抜けるクッションを挟んだポジショニングを撮影し出来るだけ維持出来るように行った。

奥さんが腰痛や神経痛があり、希望もあって保険を使った鍼灸治療を週1回行い、介護負担軽減を目指した。

経過

寝たきりの方に多い肺炎などによる入院や褥瘡もなく状態は維持できた。訪問から1年半後お亡くなりになり治療終了。奥さんの治療は希望によりその後も続けさせて頂いた。

考察

パーキンソン病は他の病気に比べ最終的に寝たきりになるケースが多いように思うが、最近は薬の改善もあってか寝たきりまで至るケースは減ってきているように感じる。奥さんは自分の体が悪い中必死に介護をしてみえ、旦那さんを非常に大切に想われている気持ちが伝わり、記憶に残る症例だった。

レビー小体型認知症で寝たきりの訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 女性 旦那さんと同居 要介護5

導入経緯

10年ほど前にレビー小体型認知症と診断され、体と脳の機能が少しずつ低下。拘縮がかなり進行し介護が難しくなる中、これ以上の拘縮進行を防ぎたいということでケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

四肢の屈曲拘縮が強く全身に強く力が入っている。ご自身で動くことや会話することも難しい。日中は毎日デイサービスを利用。

治療内容

全身の緊張が強く力が入っている状態のため、いかに脱力させるかがポイントになってくる。治療の流れは①関節可動域訓練②マッサージ③さらに関節可動域訓練④端座位訓練となることが多い。

力が入った筋肉をマッサージしてもダメージを与えてしまう可能性があるので関節可動域訓練から行う。そして少し力が抜けたところからマッサージを行いさらに力が抜けるよう関節を動かす。最後の端座位訓練は足裏が地面に着くようベッドの高さを調整し、首を中心とした全身の力を抜けるよう前後左右や体をひねる動きを行う。

直接行う治療はこれで終了となるが、横になり寝た瞬間に力が入り始める。それを防ぐためクッションなどを使い緊張しないポジショニングを作ることで治療効果を保ち拘縮の予防としている。

経過

大きな改善はないが、端座位を取ることで以前より早く緊張が取れるようになった。緊張が減ったことで介護者が行う着替えなどの動作が行い易くなった。しかし、誤嚥による肺炎で入院を何度か行い良い状態と悪い状態を繰り返している状況。今後も、ご本人様が楽に過ごせ介護者の負担が減ることに繋がるよう訪問していく。

考察

レビー小体型認知症はパーキンソン病と似たような症状の出る認知症。そのため、体が緊張しやすく寝たきりに繋がりやすい病気になります。緊張が強い症状は、大きな関節(首、肩、肘、股、膝、足)を動かしながら緩めることで細かい関節の力も抜けてくることが多いように感じています。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ