名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

拘縮

脳梗塞後遺症の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 男性 奥さんと同居 要介護3

導入経緯

脳梗塞発症しリハビリ病院から退院となるが、歩行は難しく痛みもあるためご家族の介護負担も心配された。デイケア以外の改善手段としてケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

痙性麻痺でマンウェルニッケ肢位。杖などを使っても歩行は難しい。立位は装具をつけて可能だがバランス悪く膝の痛みもあるため短時間しか行えない。麻痺側足の甲に浮腫みが見られる。健側の負担が大きく手首の腱鞘炎や膝の痛みが強い。

夜間も含めポータブルトイレ使用しているがそのたびにご家族の介助が必要となり負担が大きくなっている。デイケア週3回利用している。本人が良くなりたい気持ち強く、運動量が多くなっており疲れが見える。

治療内容

介護ベッドの高さが体に対して低く設定されていたため、高さ調整し膝の負担軽減も含め楽な立位が出来るように。ポータブルトイレの位置も、最短の動きで済むように配置変更。ご家族ともお話をしてまずはトイレ使用時の介護負担軽減を目指すことにする。

そのために、全身のマッサージで疲れや負担を軽減。関節可動域訓練で拘縮予防。立位では麻痺側への荷重訓練を中心に行い健側の負担軽減及びバランスの安定を目指した。週3回訪問。

経過

開始後半年ほどで、膝以外の痛みはほとんどなくなり足の浮腫も見られなくなった。ポータブルトイレへの移乗を自立で行えるようなりご家族の負担も軽減された。

今後として、装具や衣服の着脱が一人で難しいため夜間のトイレ利用はご家族の助けが必要となっている。衣服や下着を介護用の物に変更を提案したが本人と家族の要望によりそちらは普通のものを使用するとのこと。

そのため、夜間も装具を使用すれば手放しでの立位保持が出来るため通常のメニューに加え装具の着脱練習も行っていく。

考察

当初から目標設定がしっかり出来ており、本人の意欲も強いため改善が見られた。片麻痺で健側に痛みが出る場合は立ち上がりなどの動きがおかしくなっているか、運動量が多くなりすぎている可能性が高いため注意が必要。デイケアでは訪問時に行っていたい運動もしていたので、運動内容の確認や担当者会議でのすり合わせを行った。

60代で脳梗塞の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

60代 女性 独居 要介護2

導入経緯

脳梗塞にて入院しリハビリが終了。帰宅となるが保険点数の兼ね合いで毎日リハビリ指導を受けることが出来ないが、本人は良くなりたいという希望が強い。そんな中、健康保険で利用できる訪問マッサージということでケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

麻痺は残っており、患側の腕は自力での曲げ伸ばしは無理。足は分離運動が出来ず突っ張った状態。ただし単純な下肢の曲げ伸ばしは十分な筋力がある。杖歩行可能。ほとんどの日常動作は自立しているが、今以上に良くなりたいという想いが強い。

治療内容

本人の一番の希望は歩行の安定なため下肢の改善を一番に目指すこととした。単純な筋力は十分にあるため、分離運動(それぞれの関節が自由に動く)の獲得や筋緊張の緩和、バランス能力の獲得に関係するリハビリ運動を行った。

具体的には、マッサージからの関節可動域訓練、ストレッチ、座位での下肢運動、立位での前後左右への荷重訓練など。合わせてデイケアの先生と連携しそちらで腕のリハビリを中心に行うこととした。週3回訪問。

経過

本人のモチベーションが高く、自主練習としてお伝えした運動もしっかりと行って頂いた結果少しずつだが確実に回復していった。途中転倒もあったが大事にはいたらず半年後には分離運動も出来るようになり、歩行が安定。痺れもほとんど気にならないレベルになった。手指の動きと長距離の歩行が改善するよう引き続き治療を行っていく。

考察

60代と比較的若かったため退院後も少しずつ改善が見られた。経験的に70代までは脳梗塞などの後遺症でも内臓が無事であれば回復の見込みがあると感じている。

若い方の場合は、運動をやりすぎて痛みが出たり怪我をすることが多いためそちらに注意が必要。曲げすぎる屈伸運動や、体の軸が崩れた運動を行っていることがあるので、自主的に行っている運動の確認も定期的に行う必要がある。

脳梗塞でうつ症状がある方の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 女性 娘さんと同居 要介護3

導入経緯

大腿骨頸部骨折し、退院後杖歩行になった。少しずつ状態低下し、自力での立ち上がりも不安定に。合わせてうつの傾向があり、多くのことに消極的で口数も少ない。家族が触ると痛みの訴えもあり介護負担が大きくなってきたためケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

移動は車椅子で行い、立ち上がりも娘さんの介助で行っているが膝がしっかり伸びず不安定。起き上がりも介助が必要。食事に対しての意欲も低下し、自分で食べることが出来ないこともある。猫背の姿勢が強く、長時間座っていることも難しい。デイケアに行っているが、行きたくないと仰ることが多い。

治療内容

介護ベッドを導入されていたが、高さが一番低くなっていたので本人に合わせた高さに調整。声掛けしながら起き上がりをしてもらうと介助なしで可能。立ち上がりも、お辞儀動作を伝えてお願いしたところ介助なしで出来た。体の能力低下よりもやる気の低下や依存によってのADL低下が起こっていると考えた。

うつ症状については、首肩を中心としたマッサージと運動する時に回数を一緒に数えてもらいながら、昔のお話を聞くなどして改善を目指した。また、出来るだけ睡眠時間を一定になるようお伝えし、ご家族には動けることを知って頂いた上で出来るだけ介助しないようにお願いした。猫背については、お尻上げの運動など骨盤後傾を改善するメニューを取り入れながら、低い椅子や体が沈む椅子にはあまり座らないよう伝えた。股関節の拘縮に対してはマッサージと可動域訓練を中心に行った。週2回訪問。

手引で歩行訓練が出来るようになってからは、杖では不安定だったため歩行器を導入して頂き日常に歩行を取り入れ見守りだけお願いした。

経過

訪問開始して1ヶ月過ぎた頃から変化が見られ、会話の受け答えがしっかりされ笑顔も増えてきた。起き上がりや立ち上がりはご自身で行うようになりデイケアを休むこともなくなった。歩行器を使用し、ダイニングテーブルやトイレまで歩けるようになりご家族の介護負担が軽減された。

訪問時に、ベッドに座って迎え入れて頂けることが私としては何気に嬉しかったりした。寒くなると筋緊張が増すため動きが悪くなることと、片足が引きずるような歩行のためその改善を目指してリハビリ継続中。

考察

体の機能が低下していなくとも、意欲低下で動けなることは高齢者でよくあります。何でも筋力低下を原因にせずADLが低下した理由を見極めることで早期に改善できることが出来ます。

軽度のうつ症状の方は、定期的にマッサージをしながらお話をし、回復を実感していただくことで症状が緩和されるケースは珍しくありません。ベッドの高さについて、低すぎる設定のベッドは座るにしろ立つにしろ状態の低下を招く可能性が高いためこれだけでも専門の方にみてもらうことをお勧めします。

パーキンソン病の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

70代 男性 奥さんと同居 要介護3

導入経緯

数年前よりパーキンソン病と診断され少しずつ体の動きが悪くなる中、冬場になり急激に悪化。それまで杖なしで歩行されていたのが、杖で家の中を歩くのが精一杯になり外歩行が出来なくなった。腰痛もあり、ケアマネジャーより治療の依頼があった。

ADLの状況

前傾姿勢が強く立ち上がりもかなり困難になっていた。歩行はパーキンソン病によるある小刻み歩行。脊柱の側湾が見られ、腰痛の訴えも強い。四肢に痺れがある。

治療内容

初回訪問時、立ち上がりを確認したところ介護用ベッドをうまく使えていなかったので設定を変更。一番低く設定されていた高さを本人の体型に合わせ、畳まれたままになっていた介助バーを45度に設定しお辞儀動作での立ち上がりを伝えた。そうしたところかなりスムーズに立ち上がれ本人、家族が驚かれていた。

痛みや痺れ緩和のため、腰や四肢をしっかりマッサージ。パーキンソン病では回旋する動きが悪くなりADLが低下することが多いので、端座位で体幹や首の回旋動作や回旋しながら物を取る練習を行う。猫背も強く呼吸量低下が心配されたので、胸を張りながらの深呼吸も取り入れた。

運動はしっかり行いたいところだが、以前強度の強いリハビリで体調不良があり狭心症の既往歴もあるためベッド上での運動にとどめた。歩行訓練はデイケアで行っていただいた。週2回訪問。

経過

立ち上がり方法が改善したことや横になる時間が減ったことで腰痛は半減。生活には支障をきたさないレベルになった。当初は口数も少なかったが、動きが良くなる中で少しずつお話が増え表情も明るくなった。

歩行については大きな改善はなかったが、気持ちが前向きになることで以前より自主的に歩行することが増えた。状態の維持という意味で順調にいっていたが、体調が悪い日に家の中で転倒し骨折のため入院。入院中の状態悪化に伴い老健入所となり治療終了。10ヶ月。

考察

最初にベッドの高さ設定を変えた。無理な立ち上がりは腰や膝に負担となり痛みの原因となる。いくらマッサージなどで痛みを減らしても原因をなくさなければ改善につながらないため、重要となってくる。

出来る範囲で本人が前向きになることもリハビリには重要なため、このような道具の正しい設定は本人の未来に対する希望を持っていただくためにも重要となってくる。

パーキンソン病は進行性の病気のためリハビリでの大きな改善は難しいが、維持を行いその中で本人のQOLをどこまで高められるかが大切だと考えています。

パーキンソン病で寝たきりの訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
導入経緯

パーキンソン病と診断後、持病の糖尿病が悪化し片足切断。その後、寝たきりになり拘縮が悪化。介護が大変になってきたため拘縮の悪化予防をメインにケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

腕は屈曲位(曲がったまま)、足は伸展位(伸びたまま)で拘縮している。会話など意思の疎通は出来ない。食事は胃ろう。吸痰をを定期的に行っている。

治療内容

全身の緊張が強く力が入っている状態のため、いかに脱力させるかがポイントになってくる。治療の流れは①関節可動域訓練②マッサージ③さらに関節可動域訓練④端座位訓練。細かく言うと、人によって少しずつ違うのだが文にするとこうなります。吸痰をしており、首の後屈が強いのでここを緩めることで痰の出も良くなることがある。座位など力が抜けた状態の時に、前後などに動かして緊張の緩和を目指す。週2回訪問。

この方は多くの事業所が出入りされていたので、許可を得て力の抜けるクッションを挟んだポジショニングを撮影し出来るだけ維持出来るように行った。

奥さんが腰痛や神経痛があり、希望もあって保険を使った鍼灸治療を週1回行い、介護負担軽減を目指した。

経過

寝たきりの方に多い肺炎などによる入院や褥瘡もなく状態は維持できた。訪問から1年半後お亡くなりになり治療終了。奥さんの治療は希望によりその後も続けさせて頂いた。

考察

パーキンソン病は他の病気に比べ最終的に寝たきりになるケースが多いように思うが、最近は薬の改善もあってか寝たきりまで至るケースは減ってきているように感じる。奥さんは自分の体が悪い中必死に介護をしてみえ、旦那さんを非常に大切に想われている気持ちが伝わり、記憶に残る症例だった。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ