名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

施設入居

劇的な回復が見られた悪性リンパ腫による下肢麻痺のリハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

60代 男性 施設入居

導入経緯

脊髄腫瘍による下肢麻痺が残り病院でリハビリを行い退院。施設入所となった。既に当院で治療を受けていた親戚の勧めで治療の相談があった。

ADLの状況

下肢の動きはMMTで言うところの「2」で重力を除けば動かすことが出来m痙縮はなく、弛緩性麻痺の状態。起き上がりは自立しているが、寝返りがしづらく、立ち上がりはとても無理。車椅子への移乗はスライディングボードを使用。トイレなども見守りが必要。腕は問題なく動かせる。

治療内容

開始当初、全身のマッサージと寝た状態での下肢訓練を実施。足の指を触り知覚の確認、ヒップアップ、下肢の開閉、座っての体幹バランス訓練などを行う。その後も状態に合わせた運動を随時取り入れていった。週3回訪問。

経過

治療開始当初からはっきりと変化が見られ、開始3ヶ月で手すりを持って立ち上がりが自立。スライディングボードを使わなくとも移乗が可能に。各筋力も確実に力が入るようになった。

半年でバーなどにつかまりながらの歩行が出来るまでに回復。1年弱で30秒の立位保持がつかまる事なく出来るようになり、屈伸や背伸び運動も行っている。現在も一人暮らし実現に向けて治療を継続している。

考察

以前ブログで紹介済みの症例だが、主治医やリハビリ専門職の先生も驚く回復ぶり。これは、治療の内容というよりも本人の体の特性によるところが大きいと考えられるが、諦めてはいけないということを教えてもらった症例。

脳出血で寝たきりの訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 男性 施設入居 要介護4

導入経緯

寝たきり状態で褥瘡も出来てしまい、拘縮が進んでいた。リハビリが出来ておらずケアマネジャーから依頼があった。

ADLの状況

日中寝たきりで、痙性麻痺のため患側の拘縮強く自分で動くことは難しい。お話はされないが、うなずきなどで意思表示は出来る。小便はバルーン対応。食事の際は車椅子に座り介助してもらいながらご自身で食べることも出来る。仙骨部に褥瘡あり、手指も赤みが出てきている。処置のため訪問看護を利用。

治療内容

全身のマッサージと関節可動域訓練。施設職員さんから股関節の緊張が強くオムツ替えが大変とのお話があったので、ここを重点的に行う。関節可動域訓練は仰向けで行うと褥瘡が悪化する可能性があるため横向きで行う。合わせて、端座位訓練で全身の筋緊張低下を目指す。この際も褥瘡部に負担がかからないよう注意した。

職員さんより、介護用クッションの当て方や移乗方法、安定座位の方法など相談があったのでそれぞれお伝えした。特に介護用クッションの当て方は重要で、良肢位を取るため効果的に利用するにはコツがあるため写真を撮って共有してもらった。週2回訪問。

経過

治療開始してすぐに車椅子で座った時の傾きが減り、飲み込みが良くなったためか食事のスピードが上がった。褥瘡は2ヶ月ほどで完治したため、控えめに行っていた関節可動域訓練や端座位訓練もしっかり行うようにした。

日中も座る時間が増えたことで傾きがなくなり、全身の筋緊張も低下。オムツ替えも以前より楽に出来るようになったと話があった。

その後、誤嚥による入院がありADL低下。拘縮の悪化予防と褥瘡予防を一番の目的として治療を行う。

考察

寝たきり状態であったが、意思疎通が出来たためある程度の回復が見られた。反応が全くない方だと維持は出来ても改善は難しい。介護施設では職員さんから色々相談を頂くことが多いので、普段からセミナー等に参加して最新の知識を取り入れるよう取り組んでいる。

化膿性脊椎炎に対する訪問リハビリマッサージの症例

病名・症状
患者情報

70代 女性 介護施設入居 要介護4

導入経緯

数年前に化膿性脊椎炎と診断。施設に入ったがADL低下し寝ている時間も増えてきたため介護施設より相談があった。

ADLの状況

化膿性脊椎炎からと思われる足の痺れや軽い麻痺、強い腰痛の訴えがある。立位は軽介助で行えるが短時間で移乗や歩行は難しい。夜間はおむつ利用で多くの場面で介助が必要になっている。

治療内容

痛みに対してはマッサージで対応。トイレやオムツ替えの場面で大変だと職員さんより伺ったため立位の保持やお尻上げが安定して出来るような運動メニューを実行する。

また、本人との目標としては一人で移乗が出来るようにすることとし、立位が安定次第移乗訓練を行っていくことを伝える。職員さんがあいた時間に見守りで出来るような運動メニューもお伝えし、訪問しない日は行って頂くよう伝えた。週3回訪問。

経過

開始2ヶ月で立位保持やお尻上げは行えるようになり介護が楽にできるようになったとお話し頂けた。半年で見守りで移乗も行えるようになった。痛みは当初の半分程度。気候や日によって痛みに差があるが、痛くて動けないということはない。その後入院がありADL低下。再度、立ち上がりの練習から行っている。

考察

施設での治療は、重度の方であるほど職員さんとの連携が必要になってくる。今回は本人の意向だけでなく職員さんの話も伺い両方に入ってもらえ良かったと思って頂けるよう訪問している。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ