名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

狭心症

骨折後の痛みに対する訪問マッサージ症例

病名・症状
患者情報

70代 女性 独居 要介護3

導入経緯

転倒により骨盤骨折。リハビリ後退院したが股関節や腰の痛みが強く日常動作も不安定。独居でもあり痛みの回復が望まれるため、ケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

室内で伝い歩きは出来るが、外での歩行は痛みがあり不安定で危険。横向きに寝ると股関節が痛いため、仰向きで寝るようにしているが今度は腰が痛くなる。その股関節は外転制限があり拘縮が見られる。それ以外にも膝やこむら返りもある。ベッドは使わずフラットなソファで寝ている。

デイサービスなどの利用は後ろ向きで、ご自宅で過ごされる時間が長い。血圧がかなり高く主治医より食事制限の話もあるが本人は受け入れていない。

治療内容

本人は色々なものに対するこだわりが強く、デイや介護用ベッドの必要性を伝え利用を促したが現状のままでいいとのこと。

痛みを取るマッサージだけでなく運動リハビリの提案もしたが却下。本人は家の中でも出来るだけ動くタイプで最低限の筋力はあったので、痛みが取れた後日常生活でのADLを期待してマッサージと関節可動域訓練中心の治療を行った。また、血圧が高いため治療前と治療後に測って記録し必要に応じてケアマネジャーに報告した。

経過

開始3ヶ月で痛みは1/3程度になり日常動作はほとんど痛みなく行えるようになった。その後もマッサージでの治療希望があったため、ご自身で行える運動方法をお伝えし実践して頂く。

痛みが減ると、こちらが心配になるくらい動かれるがそれにより足の動きも良くなり、外での歩行をシルバーカーを使い短距離であれば行えるようになった。軽い転倒や痛みの再発もあったが2年ほどは安定して生活が維持できた。しかし、心臓の状態が悪くなり入院。入院が長期に渡りADLが大幅低下。独居は不可能ということで、家に帰ることは出来ず治療終了。

考察

痛みでADLが低下している場合は、鍼灸マッサージで効果が出やすくADLが改善する例が多い。骨折の術後は骨が繋がっていても痛みが出ることが多く、その場合はメスを入れた皮膚や筋肉にある神経からの痛みであることが少なくない。このような場所の血流改善や緊張緩和で痛みの改善が期待できる。

高血圧について、鍼やマッサージでの改善する場合もあるが高齢者の場合塩分過多で出ていることが多く食事の管理が優先となる。治療後は一時的に血圧が上がる場合があるので、血圧を測り高すぎる場合は治療内容を減らしたり中止することもある。

パーキンソン病の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

70代 男性 奥さんと同居 要介護3

導入経緯

数年前よりパーキンソン病と診断され少しずつ体の動きが悪くなる中、冬場になり急激に悪化。それまで杖なしで歩行されていたのが、杖で家の中を歩くのが精一杯になり外歩行が出来なくなった。腰痛もあり、ケアマネジャーより治療の依頼があった。

ADLの状況

前傾姿勢が強く立ち上がりもかなり困難になっていた。歩行はパーキンソン病によるある小刻み歩行。脊柱の側湾が見られ、腰痛の訴えも強い。四肢に痺れがある。

治療内容

初回訪問時、立ち上がりを確認したところ介護用ベッドをうまく使えていなかったので設定を変更。一番低く設定されていた高さを本人の体型に合わせ、畳まれたままになっていた介助バーを45度に設定しお辞儀動作での立ち上がりを伝えた。そうしたところかなりスムーズに立ち上がれ本人、家族が驚かれていた。

痛みや痺れ緩和のため、腰や四肢をしっかりマッサージ。パーキンソン病では回旋する動きが悪くなりADLが低下することが多いので、端座位で体幹や首の回旋動作や回旋しながら物を取る練習を行う。猫背も強く呼吸量低下が心配されたので、胸を張りながらの深呼吸も取り入れた。

運動はしっかり行いたいところだが、以前強度の強いリハビリで体調不良があり狭心症の既往歴もあるためベッド上での運動にとどめた。歩行訓練はデイケアで行っていただいた。週2回訪問。

経過

立ち上がり方法が改善したことや横になる時間が減ったことで腰痛は半減。生活には支障をきたさないレベルになった。当初は口数も少なかったが、動きが良くなる中で少しずつお話が増え表情も明るくなった。

歩行については大きな改善はなかったが、気持ちが前向きになることで以前より自主的に歩行することが増えた。状態の維持という意味で順調にいっていたが、体調が悪い日に家の中で転倒し骨折のため入院。入院中の状態悪化に伴い老健入所となり治療終了。10ヶ月。

考察

最初にベッドの高さ設定を変えた。無理な立ち上がりは腰や膝に負担となり痛みの原因となる。いくらマッサージなどで痛みを減らしても原因をなくさなければ改善につながらないため、重要となってくる。

出来る範囲で本人が前向きになることもリハビリには重要なため、このような道具の正しい設定は本人の未来に対する希望を持っていただくためにも重要となってくる。

パーキンソン病は進行性の病気のためリハビリでの大きな改善は難しいが、維持を行いその中で本人のQOLをどこまで高められるかが大切だと考えています。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ