名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

痺れ

首から手の甲まで痺れ感がある方の訪問はり灸

病名・症状
患者情報

90代 女性 家族と同居

導入経緯

以前より膝痛の治療のため訪問リハビリはり灸で伺っていたが、新しく症状が出てきた。

ADLの状況

首から手の甲まで広い範囲に痛みがある。特に、首の横側・腕の付け根・手の甲(親指と人差指の間)に痛みと痺れ感がある。

動きも悪く、ズボンを上まであげる、食事の際に食器を使う、立ち上がりの際にうまく行えず困っている。

ご家族は、ずっと痛みの話を聞かされ参ってしまっている。

病院の検査では、肩の関節が石灰化してきており、猫背のため首の脊柱管が狭くなっているのでそのせいではないかと言われたとのこと。ブロック注射を受けたが変化なし。完治は無理と言われる。

治療内容

首から指までの広い範囲の症状であることから、首の筋肉である斜角筋のトリガーポイントからの痛みを疑った。

斜角筋

患者さんが横向きの状態で斜角筋にハリをすると、手の甲にある痺れの部分に強い痛みが出たため原因を斜角筋と特定。ハリを刺したまましばらく置いた後、本人に確認すると痛みが10→2に低下。

経過

その後も3度首の治療を行うことで、今までのような強い痛みは消失。難しくなっていた動作も、以前と同じように行えるようになった。

多くの時間ベッド上で過ごされているが、枕と首に大きなスペースがある状態で使っていたので、出来るだけスペースをなくすようにすることで、首に負担をかけないようにお願いした。

動かしづらさや、膝の痛みはあるので継続して治療していく。

考察

当院では現在トリガーポイントと、古武術鍼法という2種類のハリ技術を用いているが、広い範囲の痺れにはトリガーポイントを使っています。

斜角筋トリガーポイント

(http://www.triggerpoints.net/より)

絵のように、痛みの場所から原因になっている筋肉を特定するようにして治療を行います。

今回の方は90代ということで本人も含め諦めてみえるようすがありましたが、病院で大きな病気が見つからなかったことと、最近出てきた症状であることから治療可能と考えました。

当院では、年齢よりも症状で治療が可能かどうかを考え治療を進めるようにしています。

化膿性脊椎炎に対する訪問リハビリマッサージの症例

病名・症状
患者情報

70代 女性 介護施設入居 要介護4

導入経緯

数年前に化膿性脊椎炎と診断。施設に入ったがADL低下し寝ている時間も増えてきたため介護施設より相談があった。

ADLの状況

化膿性脊椎炎からと思われる足の痺れや軽い麻痺、強い腰痛の訴えがある。立位は軽介助で行えるが短時間で移乗や歩行は難しい。夜間はおむつ利用で多くの場面で介助が必要になっている。

治療内容

痛みに対してはマッサージで対応。トイレやオムツ替えの場面で大変だと職員さんより伺ったため立位の保持やお尻上げが安定して出来るような運動メニューを実行する。

また、本人との目標としては一人で移乗が出来るようにすることとし、立位が安定次第移乗訓練を行っていくことを伝える。職員さんがあいた時間に見守りで出来るような運動メニューもお伝えし、訪問しない日は行って頂くよう伝えた。週3回訪問。

経過

開始2ヶ月で立位保持やお尻上げは行えるようになり介護が楽にできるようになったとお話し頂けた。半年で見守りで移乗も行えるようになった。痛みは当初の半分程度。気候や日によって痛みに差があるが、痛くて動けないということはない。その後入院がありADL低下。再度、立ち上がりの練習から行っている。

考察

施設での治療は、重度の方であるほど職員さんとの連携が必要になってくる。今回は本人の意向だけでなく職員さんの話も伺い両方に入ってもらえ良かったと思って頂けるよう訪問している。

60代で脳梗塞の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

60代 女性 独居 要介護2

導入経緯

脳梗塞にて入院しリハビリが終了。帰宅となるが保険点数の兼ね合いで毎日リハビリ指導を受けることが出来ないが、本人は良くなりたいという希望が強い。そんな中、健康保険で利用できる訪問マッサージということでケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

麻痺は残っており、患側の腕は自力での曲げ伸ばしは無理。足は分離運動が出来ず突っ張った状態。ただし単純な下肢の曲げ伸ばしは十分な筋力がある。杖歩行可能。ほとんどの日常動作は自立しているが、今以上に良くなりたいという想いが強い。

治療内容

本人の一番の希望は歩行の安定なため下肢の改善を一番に目指すこととした。単純な筋力は十分にあるため、分離運動(それぞれの関節が自由に動く)の獲得や筋緊張の緩和、バランス能力の獲得に関係するリハビリ運動を行った。

具体的には、マッサージからの関節可動域訓練、ストレッチ、座位での下肢運動、立位での前後左右への荷重訓練など。合わせてデイケアの先生と連携しそちらで腕のリハビリを中心に行うこととした。週3回訪問。

経過

本人のモチベーションが高く、自主練習としてお伝えした運動もしっかりと行って頂いた結果少しずつだが確実に回復していった。途中転倒もあったが大事にはいたらず半年後には分離運動も出来るようになり、歩行が安定。痺れもほとんど気にならないレベルになった。手指の動きと長距離の歩行が改善するよう引き続き治療を行っていく。

考察

60代と比較的若かったため退院後も少しずつ改善が見られた。経験的に70代までは脳梗塞などの後遺症でも内臓が無事であれば回復の見込みがあると感じている。

若い方の場合は、運動をやりすぎて痛みが出たり怪我をすることが多いためそちらに注意が必要。曲げすぎる屈伸運動や、体の軸が崩れた運動を行っていることがあるので、自主的に行っている運動の確認も定期的に行う必要がある。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ