名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

糖尿病

化膿性脊椎炎に対する訪問リハビリマッサージの症例

病名・症状
患者情報

70代 女性 介護施設入居 要介護4

導入経緯

数年前に化膿性脊椎炎と診断。施設に入ったがADL低下し寝ている時間も増えてきたため介護施設より相談があった。

ADLの状況

化膿性脊椎炎からと思われる足の痺れや軽い麻痺、強い腰痛の訴えがある。立位は軽介助で行えるが短時間で移乗や歩行は難しい。夜間はおむつ利用で多くの場面で介助が必要になっている。

治療内容

痛みに対してはマッサージで対応。トイレやオムツ替えの場面で大変だと職員さんより伺ったため立位の保持やお尻上げが安定して出来るような運動メニューを実行する。

また、本人との目標としては一人で移乗が出来るようにすることとし、立位が安定次第移乗訓練を行っていくことを伝える。職員さんがあいた時間に見守りで出来るような運動メニューもお伝えし、訪問しない日は行って頂くよう伝えた。週3回訪問。

経過

開始2ヶ月で立位保持やお尻上げは行えるようになり介護が楽にできるようになったとお話し頂けた。半年で見守りで移乗も行えるようになった。痛みは当初の半分程度。気候や日によって痛みに差があるが、痛くて動けないということはない。その後入院がありADL低下。再度、立ち上がりの練習から行っている。

考察

施設での治療は、重度の方であるほど職員さんとの連携が必要になってくる。今回は本人の意向だけでなく職員さんの話も伺い両方に入ってもらえ良かったと思って頂けるよう訪問している。

浮腫みで歩行困難の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 男性 奥さんと同居 要介護2

導入経緯

心臓や腎臓など様々な病気を抱えており入退院が続いた。そのため、少しずつADLが低下してきておりこれ以上の悪化を防ぎたいという希望があったため、ケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

家の中での日常的な動作は可能。歩行の際は歩行器を利用している。しかし、外を歩くには歩行が不安定で体力にも不安がある。両足に浮腫みが見られ、トイレの回数が多い。歩行は小刻みになりがち。ご自身でリハビリを頑張っているが、頑張りすぎて腰痛が出ることもしばしばある。

治療内容

立ち上がり時に腕に頼っていたことと、本人から自分でも出来るリハビリ運動を教えてほしいと希望あり。腰の痛み軽減のためにもお辞儀動作をしての体重移動による立位が有効と考えお伝えし実施してもらった。

マッサージについてはかなり強い圧での希望があったが、病気により痛みが感じづらくなっている可能性があり、強すぎると組織を傷つける可能性が強いことをお伝えし理解を得たため必要な圧で行った。

歩行は小刻みだったため、歩行練習の際に目印を設け大きく一歩が出せるように伝えた。大きく足を出せない原因がお尻の筋肉にもあると感じたため、お尻の筋肉を鍛えるバランス訓練も合わせて実施した。

経過

本人がリハビリを積極的に行ったため、3ヶ月ほどで歩行の改善が見られた。半年ほどで、ご家族の見守りの中外での歩行訓練を開始し少しずつ歩行できる距離を伸ばしていった。

ただ、運動過多になりがちで腰痛については一進一退。ある程度控えていただくようお伝えするがどうしてもやりすぎてしまう傾向がある。

導尿を行っていたため尿量を量っており、マッサージを受けた日は尿量が多いとお話あり。それにともなって浮腫みが減り、導尿中止後は少しずつ夜間のトイレ回数も減っていった。年齢もありこれ以上の回復は難しい面もあるが、維持が出来るよう訪問を続けた。

考察

リハビリに積極的な方だったため、わかりやすく効果が出た例。このような場合は、調子がよくなってくると「もっと良くなりたい」という気持ちが強くなり運動量が多くなりすぎるため痛みが出て調子を崩す場合が多い。

出来るだけ運動量を調整して頂くよう伝えるが、本人の気持ちにも留意し負担が少ない運動や普段あまり使わない部分の運動も提案するよう心がけている。

パーキンソン病で寝たきりの訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
導入経緯

パーキンソン病と診断後、持病の糖尿病が悪化し片足切断。その後、寝たきりになり拘縮が悪化。介護が大変になってきたため拘縮の悪化予防をメインにケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

腕は屈曲位(曲がったまま)、足は伸展位(伸びたまま)で拘縮している。会話など意思の疎通は出来ない。食事は胃ろう。吸痰をを定期的に行っている。

治療内容

全身の緊張が強く力が入っている状態のため、いかに脱力させるかがポイントになってくる。治療の流れは①関節可動域訓練②マッサージ③さらに関節可動域訓練④端座位訓練。細かく言うと、人によって少しずつ違うのだが文にするとこうなります。吸痰をしており、首の後屈が強いのでここを緩めることで痰の出も良くなることがある。座位など力が抜けた状態の時に、前後などに動かして緊張の緩和を目指す。週2回訪問。

この方は多くの事業所が出入りされていたので、許可を得て力の抜けるクッションを挟んだポジショニングを撮影し出来るだけ維持出来るように行った。

奥さんが腰痛や神経痛があり、希望もあって保険を使った鍼灸治療を週1回行い、介護負担軽減を目指した。

経過

寝たきりの方に多い肺炎などによる入院や褥瘡もなく状態は維持できた。訪問から1年半後お亡くなりになり治療終了。奥さんの治療は希望によりその後も続けさせて頂いた。

考察

パーキンソン病は他の病気に比べ最終的に寝たきりになるケースが多いように思うが、最近は薬の改善もあってか寝たきりまで至るケースは減ってきているように感じる。奥さんは自分の体が悪い中必死に介護をしてみえ、旦那さんを非常に大切に想われている気持ちが伝わり、記憶に残る症例だった。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ