名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

脊柱管狭窄症

寝返りや起き上がりでの腰痛に訪問はり灸マッサージ

病名・症状
患者情報

70代 男性 家族と同居

導入経緯

腰椎圧迫骨折後、リハビリにより痛み・ADL共に回復してきたが、半年後あたりから違う腰の痛みが出てきた。骨は繋がっているということだが悪化してきたため、ケアマネジャーより相談があった。

ADLの状況

たくさんの腰痛を見てきているが、かなり変わった症状だった。

立位や短距離の歩行は大丈夫だが、ベッド上で横になり寝返りや起き上がりをする際に強い痛みが出る。一度起きてしまい、しばらく時間が経てば痛みはなくなる。立っていれば、どんな動きでも大した痛みはないが、寝た状態だと何をしても痛い。

マッサージでは、押した時はもちろん、その後手を離した瞬間も痺れるような痛みが出る。

歩行は短距離なら可能だが、すぐにふくらはぎが痛くなる間欠性跛行が見られる。膝から下を指先で押しただけでも、針で刺されたような痛みが出る。朝起き抜けに、こむら返りが頻発していた。

痛みの出方から脊柱管狭窄症や心筋梗塞の既往歴から閉塞性動脈硬化症を疑ったが、病院での検査で痛みが出るほどの症状ではないとされた。

治療内容

病院の検査で原因不明とされたことから、筋肉からの痛みだと考え治療した。本人は起き上がりの痛みを一番気にしていることから、その改善を中心とした。

腰とふくらはぎは動きの中で関係性があることと、どちらも症状があることから重点的にマッサージを行った。また、寝返りの痛みは太ももの内側(内転筋)の緊張と関係が深いことから、内転筋と腸骨筋のマッサージもしっかり行った。

ふくらはぎのマッサージでかなり強い痛みがあり、普通にマッサージを受けるのが難しそうだったが、工夫することで痛みなくマッサージが受けられるようになった。(その方法はこちら

腰椎の動きを良くすること、仰向けの状態で足を横に倒しやすくなるよう活法も合わせて行った。

ハリ(古武術鍼法)も有効と考えたが、本人に恐怖心があるため、円皮鍼というシール型の刺激のないハリを腓骨周辺に使用した。

週2回訪問。

経過

治療開始当初、本人には効果を実感してもらうことが出来なかったが、治療を重ねる毎に少しずつ動きの改善が見て取れた。寝返りや起き上がり時に顔をしかめることもなくなったことから、本人が気づかない部分で痛みの低下も確認できた。

2ヶ月で本人にもわかるほど明らかに変化があり、痛みは半減、こむら返りはほとんど出なくなった。手すりを持たないと出来なかった起き上がりが、手すりなしでも行えるようになった。

今後は、日常的にベッド上で楽に動ける体作りと、歩行の安定を目標として治療の終了を目指す。

考察

原因がよくわからない痛みというのは本当に多い。そのような場合は、「いつ」「どんな時に」「どんな姿勢で」「どんな動きで」「どんなふうに」痛みが出るのかを知ることが治療の指標となる。

痛みはすぐに変化が出ない(感じられない)ことがあるが、動きはすぐに変化し客観的に確認することが出来る。どのような場合でも、動きが良くなれば痛みは減っていくと考え進めていく。今回のように、病院で異常なしと言われていれば特に。

脊柱管狭窄症による痛みの訪問マッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 女性 娘さんと同居 要介護1

導入経緯

頚部・腰部の脊柱管狭窄症手術後に退院するも膝や肩の痛みが強くADLが低下。日中独居でありこのままでは生活が難しいためケアマネジャーより依頼があった。女性希望であったがお会いして受け入れてもらえた。

ADLの状況

膝、胸、肩の強い痛みがありベッドの柵を持っていも痛いため起き上がりもままならない。特に夜間になると痛みが強く睡眠不足。出来るだけ痛くないよう無理な体勢で起きるためベッドから落ちることもある。立ち上がり出来るが膝折れがあり長時間は危険。トイレは伝い歩きで何とか行えている。

治療内容

痛みの緩和と安全に起き上がりが出来るようになることが最優先事項。介護用ベッドの背上げを使えば楽に起きられそうだが目が悪く今まで使っていなかった様子。背上げのスイッチにわかりやすい色のテープを貼付け視認性を良くして使い方を伝える。仰向けからそのまま起き上がっていたので一度横向きになってから起き上がるよう合わせて伝える。

痛みについてはマッサージと関節可動域訓練を行う。膝折れについてはベッド上や立位での下肢筋力強化訓練を実施。週2回訪問。

経過

安全な起き上がりは、開始2週間で習得。ベッドから落ちることがなくなり、起き上がりの負担も減った。2ヶ月後には胸・肩の痛みが軽減し背上げがなしでも起き上がりが可能に。

半年後には膝も含め痛みが減り膝折れすることもなくなった。家族と一緒に歩行器を使って廊下などで歩行訓練も行うようになる。体力面で長距離歩行は難しいが本人が自主的に運動しているため少しずつ改善は見られる。一人で外を歩行出来るようになるよう継続して治療を行っている。

考察

この方も含め痛みや筋力低下で起き上がりや立ち上がりが自己流になっている方が多いが、その方法がより痛みを強くし動きを悪くする「事故流」になっているケースがある。このような負担になっている部分から改善しなければ、いくら治療を行っても変化が出づらいため初回訪問時に確認するようにしている。

腰部脊柱管狭窄症の訪問マッサージ症例

病名・症状
患者情報

70代 女性 家族と同居 要介護3

導入経緯

脊柱管狭窄症と後縦靭帯骨化症の術後下肢の軽い麻痺と腰の痛みがあり訪問マッサージを受けていた。しかし治療内容が本人の希望と合わず他の事業所としてケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

立位や移乗は自立。歩行は難しい。本人は歩行できるようになりたいという希望が強いが、主治医や家族の安全に対する考え方から歩行訓練は見送られている。日常の食事や排泄は全て一人で行っている。

腰に痛みがあり、天気などによって増減する。足に浮腫みもある。両耳とも難聴で、集音器を使用しているが半分以上聞き取れない。認知症とまではいかないが、自分が気にされていないことは記憶をとどめておくことが難しい。

治療内容

今回は、ご家族などの意向も考え現状維持+αを考え痛みが少なく安定した生活が送れることを目的とした。腰を中心とした体幹と両足のマッサージ。座った状態での下肢筋力強化訓練を行い、日によって立位の安定を目的としてバランス訓練を行う。週2回訪問。

経過

3年経過するが、当初の目的通り転倒などもなく安定した状態で日々を送られている。腰の痛みは以前より訴えは減ったが、雨の日などは痛そうにしていることがある。

考察

本人と家族の意向が違う場合、介護する家族を考えると本人の希望だけを優先するのは難しい。特に認知症などがありコミュニケーションが難しい場合はなおさらそうなってくる。この制限の中で、どれだけ本人のQOLを高い状態で生活出来るように協力できるかを考えていく必要がある。

難聴については、名前を呼びかけ正面に対峙してゆっくり話せば伝わりやすい。そのため、治療前に状態の確認や患者さんの話したいことを聞いてから治療に入ることにしている。聞こえない状態で進めてしまうと、本人のコミュニケーション意欲が低下してしまうため注意が必要。

浮腫みで歩行困難の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 男性 奥さんと同居 要介護2

導入経緯

心臓や腎臓など様々な病気を抱えており入退院が続いた。そのため、少しずつADLが低下してきておりこれ以上の悪化を防ぎたいという希望があったため、ケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

家の中での日常的な動作は可能。歩行の際は歩行器を利用している。しかし、外を歩くには歩行が不安定で体力にも不安がある。両足に浮腫みが見られ、トイレの回数が多い。歩行は小刻みになりがち。ご自身でリハビリを頑張っているが、頑張りすぎて腰痛が出ることもしばしばある。

治療内容

立ち上がり時に腕に頼っていたことと、本人から自分でも出来るリハビリ運動を教えてほしいと希望あり。腰の痛み軽減のためにもお辞儀動作をしての体重移動による立位が有効と考えお伝えし実施してもらった。

マッサージについてはかなり強い圧での希望があったが、病気により痛みが感じづらくなっている可能性があり、強すぎると組織を傷つける可能性が強いことをお伝えし理解を得たため必要な圧で行った。

歩行は小刻みだったため、歩行練習の際に目印を設け大きく一歩が出せるように伝えた。大きく足を出せない原因がお尻の筋肉にもあると感じたため、お尻の筋肉を鍛えるバランス訓練も合わせて実施した。

経過

本人がリハビリを積極的に行ったため、3ヶ月ほどで歩行の改善が見られた。半年ほどで、ご家族の見守りの中外での歩行訓練を開始し少しずつ歩行できる距離を伸ばしていった。

ただ、運動過多になりがちで腰痛については一進一退。ある程度控えていただくようお伝えするがどうしてもやりすぎてしまう傾向がある。

導尿を行っていたため尿量を量っており、マッサージを受けた日は尿量が多いとお話あり。それにともなって浮腫みが減り、導尿中止後は少しずつ夜間のトイレ回数も減っていった。年齢もありこれ以上の回復は難しい面もあるが、維持が出来るよう訪問を続けた。

考察

リハビリに積極的な方だったため、わかりやすく効果が出た例。このような場合は、調子がよくなってくると「もっと良くなりたい」という気持ちが強くなり運動量が多くなりすぎるため痛みが出て調子を崩す場合が多い。

出来るだけ運動量を調整して頂くよう伝えるが、本人の気持ちにも留意し負担が少ない運動や普段あまり使わない部分の運動も提案するよう心がけている。

大腿骨頚部骨折で認知症の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 男性 日中独居

導入経緯

部屋の中で転倒して大腿部頚部骨折で入院。退院したものの歩行が不安定で2週間に1度程度転倒あり、股関節の拘縮も見られる。これ以上の転倒と拘縮を防ぐため機能訓練行も出来る当院にケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

大腿骨骨折部と腰部の痛みをかばう歩き方で、健側にも負担がかかっていた。股関節は曲げると痛みがある。ソファからの立ち上がりも日によっては出来ないことがある。ただし、筋力の衰えはそれほど見受けられなかった。

杖の使用を提案するが認知症もあり現在の自分の状態を理解できず拒否。短い距離であれば外にも出れたが、徘徊の心配はなさそうであった。

治療内容

認知症の方の場合、初めから運動を促すと受け入れて頂けない場合があるので、まずはマッサージを中心とした関係構築に務めた。マッサージを気に入ってもらえ、ベッド上での軽い運動も行って頂けるのを確認してから立位での筋力強化やバランスの訓練を行った。

患側股関節は常に力が入って抜けない状態だったので、マッサージ・可動域訓練・ストレッチなど組み合わせて力が抜けるような状態を目指した。

安否確認も含め、訪問介護の間になっている時間を狙って訪問した。当初は週2回、受け入れて頂けてからは息子様からの希望があり週3回訪問。

経過

結果として1か月後には痛みの訴えが減り、筋緊張の低下が見られた。時折、股関節やふくらはぎの痛みを訴えたが一時的なもので済んだ。3ヶ月で歩行状態かなり安定してふらつきもなくなる。7ヶ月後施設入所が決まり治療終了。この間の転倒は1度だった。

考察

骨折などでADLが低下した方は筋力なども機能が残っていることが多いため短期間での改善が見込める。今回も、筋力は衰えていなかったので、筋緊張が低下しただけで歩行状態が大きく改善することが出来た。どうしても筋力低下に目がいきがちだが、実際にはそれ以外の要素で歩行状態が低下することも多いと感じている。

徘徊があるような方は歩行が改善することで介護負担が増える懸念があり、そのような方はご家族やケアマネジャーとしっかり相談した上でリハビリ内容を決定している。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ