名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

脊髄腫瘍

劇的な回復が見られた悪性リンパ腫による下肢麻痺のリハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

60代 男性 施設入居

導入経緯

脊髄腫瘍による下肢麻痺が残り病院でリハビリを行い退院。施設入所となった。既に当院で治療を受けていた親戚の勧めで治療の相談があった。

ADLの状況

下肢の動きはMMTで言うところの「2」で重力を除けば動かすことが出来m痙縮はなく、弛緩性麻痺の状態。起き上がりは自立しているが、寝返りがしづらく、立ち上がりはとても無理。車椅子への移乗はスライディングボードを使用。トイレなども見守りが必要。腕は問題なく動かせる。

治療内容

開始当初、全身のマッサージと寝た状態での下肢訓練を実施。足の指を触り知覚の確認、ヒップアップ、下肢の開閉、座っての体幹バランス訓練などを行う。その後も状態に合わせた運動を随時取り入れていった。週3回訪問。

経過

治療開始当初からはっきりと変化が見られ、開始3ヶ月で手すりを持って立ち上がりが自立。スライディングボードを使わなくとも移乗が可能に。各筋力も確実に力が入るようになった。

半年でバーなどにつかまりながらの歩行が出来るまでに回復。1年弱で30秒の立位保持がつかまる事なく出来るようになり、屈伸や背伸び運動も行っている。現在も一人暮らし実現に向けて治療を継続している。

考察

以前ブログで紹介済みの症例だが、主治医やリハビリ専門職の先生も驚く回復ぶり。これは、治療の内容というよりも本人の体の特性によるところが大きいと考えられるが、諦めてはいけないということを教えてもらった症例。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ