名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

脳出血

脳出血で寝たきりの訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 男性 施設入居 要介護4

導入経緯

寝たきり状態で褥瘡も出来てしまい、拘縮が進んでいた。リハビリが出来ておらずケアマネジャーから依頼があった。

ADLの状況

日中寝たきりで、痙性麻痺のため患側の拘縮強く自分で動くことは難しい。お話はされないが、うなずきなどで意思表示は出来る。小便はバルーン対応。食事の際は車椅子に座り介助してもらいながらご自身で食べることも出来る。仙骨部に褥瘡あり、手指も赤みが出てきている。処置のため訪問看護を利用。

治療内容

全身のマッサージと関節可動域訓練。施設職員さんから股関節の緊張が強くオムツ替えが大変とのお話があったので、ここを重点的に行う。関節可動域訓練は仰向けで行うと褥瘡が悪化する可能性があるため横向きで行う。合わせて、端座位訓練で全身の筋緊張低下を目指す。この際も褥瘡部に負担がかからないよう注意した。

職員さんより、介護用クッションの当て方や移乗方法、安定座位の方法など相談があったのでそれぞれお伝えした。特に介護用クッションの当て方は重要で、良肢位を取るため効果的に利用するにはコツがあるため写真を撮って共有してもらった。週2回訪問。

経過

治療開始してすぐに車椅子で座った時の傾きが減り、飲み込みが良くなったためか食事のスピードが上がった。褥瘡は2ヶ月ほどで完治したため、控えめに行っていた関節可動域訓練や端座位訓練もしっかり行うようにした。

日中も座る時間が増えたことで傾きがなくなり、全身の筋緊張も低下。オムツ替えも以前より楽に出来るようになったと話があった。

その後、誤嚥による入院がありADL低下。拘縮の悪化予防と褥瘡予防を一番の目的として治療を行う。

考察

寝たきり状態であったが、意思疎通が出来たためある程度の回復が見られた。反応が全くない方だと維持は出来ても改善は難しい。介護施設では職員さんから色々相談を頂くことが多いので、普段からセミナー等に参加して最新の知識を取り入れるよう取り組んでいる。

慢性腎不全で透析の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 男性 奥さんと同居 要介護3

導入経緯

脳出血で入院後リハビリを終了して退院。幸い大きな障がいは残らなかったが、退院時はほぼ寝たきりで胃ろうを使用。その後回復したが透析しており動くことが少ないためケアマネジャーよりリハビリを提案。マッサージであればという本人の話があり依頼があった。

ADLの状況

現在は、起き上がりや立ち上がりは自立。歩行はつたい歩きで可能。外出は車椅子で奥さんに押してもらっている。食事はとろみ食で経口摂取。週3回透析があり体力落ちている。目立った痛みはなし。

治療内容

痛みや浮腫みなどはないため、ADLの維持・向上を目的として通常よりリハビリ運動を多めのメニューとした。福祉用具事業所より歩行器や杖の相談を受けたが、歩き方は歩行器より3点杖の方がいい状態だったためそのようにお伝えする。

全身のマッサージを行いながらベッド上での下肢筋力強化訓練・立位でのバランス訓練・杖での歩行訓練を行った。ただ、転倒の危険性は高いため日常生活ではつたい歩きで対応頂いた。また奥さんの介護負担も心配されたため、出来るだけお話を聞くよう心がけた。週2回訪問。

経過

治療を開始して2ヶ月後に肺炎で入院。退院出来たが、新しく足の痛みがあり嚥下能力低下のため胃ろう対応になる。歩行能力も低下したため杖から歩行器の利用に変更。その後も入院があり現在起き上がりが精一杯。体力もかなり低下しており、運動にあまり時間が取れないが介護負担も心配されるため移乗訓練を中心に行っている。

考察

透析の方は体力が低下している方が多く、多くの運動をこなせないため高齢者では大きな回復が難しい場合が多い。その中でも透析のない日の午前中という体力のある時間帯に訪問するようにしている。日によっての体調も大きく違うためマッサージとリハビリのバランスも注意が必要になる。

本人の希望や状態、年齢にもよるが回復を狙うよりも積極的に維持を目的として治療を行ったほうが長い目で見て本人や家族の気持ちが楽になる場合もあると考えている。

脳出血麻痺の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

60代 女性 息子さんと同居 要介護4

導入経緯

脳出血から退院後デイケアを中心にリハビリを行っていたが、頑張りすぎもあり肩と足に痛みが強く出るようになった。このまま痛みがあるようでは運動が行えないためケアマネジャーより痛みの改善と運動指導を目的に依頼があった。怖さがあるということで女性施術者希望であったが、お会いしたところ本人に受け入れて頂け訪問となった。

ADLの状況

脳出血による弛緩性麻痺。デイケアでは平行棒を使っての歩行訓練などを行っている。家の中での移動は車椅子。トイレや着替えなどは自立している。夜になると麻痺側の肩・足に痛みが強くなる。うつ症状があり口数少ない。

治療内容

痛みは日常動作の大きな負荷が原因と考えベッドの高さを確認。低めの設定だったため、高くすることで立ち上がりがしやすくなった。

うつ症状があり、痛みが強いため訪問開始してしばらくは痛みの改善も含めマッサージ中心の治療。その間に会話をすることで関係構築を進める。その後、麻痺側のタッピングを用いながらの関節可動域訓練、麻痺側下肢の筋力強化・荷重訓練を中心に行う。週2回訪問。

経過

2ヶ月後、肩の痛みが減り可動域向上したため着替え動作がスムーズに。ただ、寒い時期に入り足の痛みが強くなってしまったことや運動過多も考えられるためデイでの歩行訓練を中止。マッサージで痛みの軽減は見られるためその日の痛みに合わせてマッサージと運動の量を調整するようにする。

1年後足の上がりなどは改善見られるが歩行訓練は再開出来ず、少しずつの改善を目指す。

考察

脳卒中の中でも弛緩性麻痺は痛みが出やすく力が入らないため改善には時間がかかるケースが多い。また、うつ症状により不安が強い方のためリハビリの進め方も慎重に行うことになる。ただ、若い方のため入院などがなく地道にリハビリを行うことが出来ればADLの改善は見込まれると考えている。

脳出血で麻痺の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 男性 奥さんと同居 要介護3

導入経緯

脳出血で入院しリハビリ終了。退院後のリハビリ活動に介護保険点数が多く使えないことと本人の改善したい気持ちが強いため、健康保険の訪問リハビリマッサージの依頼がケアマネジャーよりあった。

ADLの状況

弛緩性麻痺(力が入らない麻痺)が残っており、肩や肘に痛みあり。立ち上がりまでは行えるが、歩行は装具をつけバーにつかまり見守りが必要な状態。外出は車椅子を使用。健側の力はかなり強い。

治療内容

全身マッサージを行いながら、麻痺側を中心に筋力強化訓練や関節可動域訓練を実施。その後立位での荷重訓練を行い足の運びや横への転倒防止を目的とした。ベッド上や座ってのリハビリ運動にはボールを使用し本人が自主訓練を行える内容にした。

立位の運動では鏡を利用しご自身で動きを確認しながら行い、足元にも目印を作り動きのコントロール改善を目的とした。日によって便秘があるため、お腹のマッサージを行い排便を促すようにした。

経過

本人も前向きに取り組んでいただけ、半年後には歩行状態改善しお一人でのトイレ利用も行えるようになった。しかし、大腸に病気があり食欲不振での体力低下や、数度に渡る入院でADLが徐々に低下。数年で立ち上がりが精一杯になり施設へ入所。治療終了となった。

考察

脳出血の場合は弛緩性麻痺という症状になりやすい。痙性(けいせい)麻痺が力が入り関節が動きづらい状態であれば、弛緩性麻痺は力が全く入らず動かせない状態。弛緩性麻痺は痛みが出やすく力が入らないため体を支えづらく、痙性麻痺に比べADLの改善が難しい傾向にあるように感じている。麻痺で感覚がないためリハビリ運動時には道具を使い見た目でわかるようにする工夫が必要となってくる。

高齢の場合入院すると元の状態に戻るのに入院した倍の期間が必要になり、繰り返すと本人のモチベーションも下がり維持も難しくなってくる。そのため、看護師などとも連携し早期に異変を察知し対応することも重要と考えている。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ