名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

腰椎圧迫骨折

寝返りや起き上がりでの腰痛に訪問はり灸マッサージ

病名・症状
患者情報

70代 男性 家族と同居

導入経緯

腰椎圧迫骨折後、リハビリにより痛み・ADL共に回復してきたが、半年後あたりから違う腰の痛みが出てきた。骨は繋がっているということだが悪化してきたため、ケアマネジャーより相談があった。

ADLの状況

たくさんの腰痛を見てきているが、かなり変わった症状だった。

立位や短距離の歩行は大丈夫だが、ベッド上で横になり寝返りや起き上がりをする際に強い痛みが出る。一度起きてしまい、しばらく時間が経てば痛みはなくなる。立っていれば、どんな動きでも大した痛みはないが、寝た状態だと何をしても痛い。

マッサージでは、押した時はもちろん、その後手を離した瞬間も痺れるような痛みが出る。

歩行は短距離なら可能だが、すぐにふくらはぎが痛くなる間欠性跛行が見られる。膝から下を指先で押しただけでも、針で刺されたような痛みが出る。朝起き抜けに、こむら返りが頻発していた。

痛みの出方から脊柱管狭窄症や心筋梗塞の既往歴から閉塞性動脈硬化症を疑ったが、病院での検査で痛みが出るほどの症状ではないとされた。

治療内容

病院の検査で原因不明とされたことから、筋肉からの痛みだと考え治療した。本人は起き上がりの痛みを一番気にしていることから、その改善を中心とした。

腰とふくらはぎは動きの中で関係性があることと、どちらも症状があることから重点的にマッサージを行った。また、寝返りの痛みは太ももの内側(内転筋)の緊張と関係が深いことから、内転筋と腸骨筋のマッサージもしっかり行った。

ふくらはぎのマッサージでかなり強い痛みがあり、普通にマッサージを受けるのが難しそうだったが、工夫することで痛みなくマッサージが受けられるようになった。(その方法はこちら

腰椎の動きを良くすること、仰向けの状態で足を横に倒しやすくなるよう活法も合わせて行った。

ハリ(古武術鍼法)も有効と考えたが、本人に恐怖心があるため、円皮鍼というシール型の刺激のないハリを腓骨周辺に使用した。

週2回訪問。

経過

治療開始当初、本人には効果を実感してもらうことが出来なかったが、治療を重ねる毎に少しずつ動きの改善が見て取れた。寝返りや起き上がり時に顔をしかめることもなくなったことから、本人が気づかない部分で痛みの低下も確認できた。

2ヶ月で本人にもわかるほど明らかに変化があり、痛みは半減、こむら返りはほとんど出なくなった。手すりを持たないと出来なかった起き上がりが、手すりなしでも行えるようになった。

今後は、日常的にベッド上で楽に動ける体作りと、歩行の安定を目標として治療の終了を目指す。

考察

原因がよくわからない痛みというのは本当に多い。そのような場合は、「いつ」「どんな時に」「どんな姿勢で」「どんな動きで」「どんなふうに」痛みが出るのかを知ることが治療の指標となる。

痛みはすぐに変化が出ない(感じられない)ことがあるが、動きはすぐに変化し客観的に確認することが出来る。どのような場合でも、動きが良くなれば痛みは減っていくと考え進めていく。今回のように、病院で異常なしと言われていれば特に。

腰椎圧迫骨折の訪問鍼灸治療症例

病名・症状
患者情報

90代 女性 独居 要支援2

導入経緯

腰椎圧迫骨折後、骨はくっついたと言われるが痛みが続いている。本人がケアマネジャーに相談し以前に鍼灸マッサージの治療を受けていたことから改善のため相談があった。

ADLの状況

寝返りや起き上がり、歩行時に腰からお尻にかけての痛みが強い。なんとか動けているが、痛すぎて動く意欲が低下している。合わせて肩甲骨の痛みと指の痺れも強くなっている。外出が必要な用事はヘルパーや近くに住む家族にお願いしている。

治療内容

今回は痛みが主な訴えだったため、緩和効果の高い鍼灸治療を提案し了承頂いた。痛みの部位を確認していき、それぞれ原因と思われる筋肉を特定していった。肩は棘下筋、腰は腰方形筋、お尻は中殿筋が主な原因と考え鍼を中心に治療していった。週2回訪問

。腰椎圧迫骨折はベッドからの滑り落ちが原因であり、確認したところベッドとマットのサイズが違うため滑りやすくなっていた。マットの位置を変更し普段座る場所にズレを無くすことで滑り落ちの危険を減らした。

経過

治療開始2ヶ月ほどで寝返りや起き上がりの痛みはほとんどなくなる。4ヶ月で杖歩行も可能に。その後も鍼灸治療を続けながら歩行訓練を行い外での歩行も安全に行えると判断し1年弱で治療終了。

考察

脊柱圧迫骨折や大腿骨骨折は骨がくっついた後も痛みや痺れを訴えることも多い。この場合は骨ではなく筋肉からの痛みであることが多く、早くADLを回復させるならマッサージより鍼灸治療の方が向いていると考える。鍼に対して恐怖心が強い方には極細の鍼や刺さない鍼なども使い出来るだけ痛みなく治療を受けながら慣れて頂くようにしている。

COPDの訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 男性 娘さんと同居 要介護2

導入経緯

COPDの治療を終え退院するが、訪問看護・介護を多く利用するためリハビリに介護点数を回せない。そのため、健康保険で利用できる訪問マッサージの利用をケアマネジャーが提案され依頼があった。

ADLの状況

ベッドからの起き上がりや車椅子への移乗が出来、伝い歩きも短距離なら可能。排泄はポータブルトイレを使用。ただしCOPDによるSpO2(動脈血酸素飽和度)の低下が見られ常に経鼻カニューレを利用されているが安静時でも90%前後になることもある。動作時に息切れが見られ、外出は難しい。腰椎圧迫骨折による痛みはほとんどない。娘さんは日中勤務している。

治療内容

退院前に病院でのリハビリを確認させてもらい、始めは本人が慣れているメニューを中心に行った。呼吸に対しては、肋間筋や胸筋、頚や肩を中心としたマッサージと関節可動域訓練。足についてはベッド上での筋力強化訓練を中心に行った。

運動時は常にSpO2を確認しながら行い、95%以下になったら休憩という形を取った。安静時の時点で95%を下回っている場合はマッサージ中心の治療で対応した。その日ごとの体調確認のためにも訪問看護の記録を確認させてもらい、調子の変動などがある場合は連絡帳に記録を残すようにし連携を心がけた。週2回訪問。

経過

開始3ヶ月後SpO2少しずつ安定が見られ平均で95%になる。本人の歩行意欲が強いため立位での下肢筋力強化訓練を開始。動作時の息切れも減ってきた。その後、歩行器を使いトイレ利用を目的とした歩行訓練を開始。歩ける距離も伸びていき半年後には誰かの見守りがあれば安全に行えるようになった。

ただ、歩行器を使用すると経鼻カニューレに引っかかってしまうことがある。そのため福祉用具事業所と相談し出来るだけ手すりが途切れないような道具の導入と動線を作ることでつたい歩きでのトイレ利用になりより安定した。

考察

この症例の方はSpO2の状態が非常に良く、状態も安定していったためはっきりとした回復が見られた。しかし、他のCOPDの方の場合入退院を繰り返したり、退院出来たものの亡くなってしまうケースもある。肺炎を併発しやすく食事量が低下する場合もあり、合併症の予防が重要となってくる。そのためにも、主治医や訪問看護との連携が必要。

側わん症の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

70代 女性 独居 要支援2

導入経緯

少しずつ腰・膝の痛みと姿勢が悪化。長距離の歩行が難しくなって困っている中、電話で訪問マッサージの勧誘があり興味を持った。ケアマネジャーにそのことを相談したところ「信頼できるところがあるから」と紹介頂いた。

ADLの状況

明らかに背骨が側湾しておりバランスが悪い。腰の痛みが強く、特に歩行をすることで悪化。長距離の歩行は難しい。また、浴槽の利用も難しくシャワー対応。自分のことは多くを話されずふさぎ込みがちで、不眠、幻聴などのうつ症状?が見られる。側わん症を改善させ好きな着物が着たい。

治療内容

腰を中心とした疼痛緩和を目指しマッサージを行う。側わん症は脊柱の回旋の問題が絡むので、自然に調整される活法という技を使用。外出用のシルバーカーが押すのに力が必要という話があり高さも調整が必要だったため、福祉用具事業所と共に再選定行い負担が少ないものへ変更した。

会話については、出来るだけ傾聴の姿勢を心がけ頚〜肩の緊張緩和も念頭にマッサージを行った。訪問開始3ヶ月後に本人の希望もあり実費での鍼治療も併用することになった。

経過

痛みについては、安静時の痛みは半分程度に。ただ、歩行時の痛みは強く出る。シルバーカーの変更もあり以前よりは長い距離を歩けるようになった。側わん症は、治療後かなり変化するが長続きしない状態が続いたが長い目で見ると少しずつ改善傾向。座位での側弯はほとんどなくなり、以前は出来なかった正座が出来るようになった。今後は立位時の姿勢が課題。

うつ症状はかなり軽減され、訪問時の口数が増え不眠の訴えもなくなった。幻聴については薬の変更も功を奏し今は聞こえないとのこと。立位で姿勢が悪化し痛みも出ることから、今後は股関節に焦点を当てて治療を進めていく予定。

考察

側わん症は「痛みがなければいい」という考え方も出来るが、本人が見た目を気にして閉じこもることもありQOLにとっては見た目の変化も重要だと考えている。背骨の見た目はS字で横の変化が問題に見えるが、実際には背骨の回旋が原因のためその調整が中心となる。

シルバーカーについては、本人の優先順位(荷物置き・重さ・幅・持ち手など)を確認しその中で一番体に負担の少ないものを選ぶようにしている。この方の場合「どんどんシルバーカーが先に進んでいってしまう」ということで、抑速ブレーキがあるもの使ったがそれが負荷になってしまいより困難になってしまった。実際には姿勢が前かがみになりすぎることが問題だったため、高さを高くし持ち手の形を変更することで姿勢がよくなり問題が解決した。

骨折後の痛みに対する訪問マッサージ症例

病名・症状
患者情報

70代 女性 独居 要介護3

導入経緯

転倒により骨盤骨折。リハビリ後退院したが股関節や腰の痛みが強く日常動作も不安定。独居でもあり痛みの回復が望まれるため、ケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

室内で伝い歩きは出来るが、外での歩行は痛みがあり不安定で危険。横向きに寝ると股関節が痛いため、仰向きで寝るようにしているが今度は腰が痛くなる。その股関節は外転制限があり拘縮が見られる。それ以外にも膝やこむら返りもある。ベッドは使わずフラットなソファで寝ている。

デイサービスなどの利用は後ろ向きで、ご自宅で過ごされる時間が長い。血圧がかなり高く主治医より食事制限の話もあるが本人は受け入れていない。

治療内容

本人は色々なものに対するこだわりが強く、デイや介護用ベッドの必要性を伝え利用を促したが現状のままでいいとのこと。

痛みを取るマッサージだけでなく運動リハビリの提案もしたが却下。本人は家の中でも出来るだけ動くタイプで最低限の筋力はあったので、痛みが取れた後日常生活でのADLを期待してマッサージと関節可動域訓練中心の治療を行った。また、血圧が高いため治療前と治療後に測って記録し必要に応じてケアマネジャーに報告した。

経過

開始3ヶ月で痛みは1/3程度になり日常動作はほとんど痛みなく行えるようになった。その後もマッサージでの治療希望があったため、ご自身で行える運動方法をお伝えし実践して頂く。

痛みが減ると、こちらが心配になるくらい動かれるがそれにより足の動きも良くなり、外での歩行をシルバーカーを使い短距離であれば行えるようになった。軽い転倒や痛みの再発もあったが2年ほどは安定して生活が維持できた。しかし、心臓の状態が悪くなり入院。入院が長期に渡りADLが大幅低下。独居は不可能ということで、家に帰ることは出来ず治療終了。

考察

痛みでADLが低下している場合は、鍼灸マッサージで効果が出やすくADLが改善する例が多い。骨折の術後は骨が繋がっていても痛みが出ることが多く、その場合はメスを入れた皮膚や筋肉にある神経からの痛みであることが少なくない。このような場所の血流改善や緊張緩和で痛みの改善が期待できる。

高血圧について、鍼やマッサージでの改善する場合もあるが高齢者の場合塩分過多で出ていることが多く食事の管理が優先となる。治療後は一時的に血圧が上がる場合があるので、血圧を測り高すぎる場合は治療内容を減らしたり中止することもある。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ