名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

褥瘡

脳梗塞で寝たきり・褥瘡の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 女性 旦那さんと同居 要介護4

導入経緯

数年前から痛みなどによりベッドで過ごすことが増え、1年前からはほとんどベッド上での生活に。そのため褥瘡が出来てしまった。主治医からリハビリをする事業所を入れるようケアマネジャーに話があり相談があった。

ADLの状況

基本的に全ての動作は家族に介助してもらいながら行っている。仙骨部の褥瘡、膝の痛み・拘縮、起き上がり時のめまいがあり耳が遠い。こちらの声掛けに反応は出来る。デイサービスを利用される以外はベッド上で生活している。

治療内容

早急に褥瘡の改善が必要であり、そのためには寝返りの自立や座位時間の確保が必要になってくる。寝返りは手すりがあれば可能だが、寝てテレビを見るためベッドの手すりが外されていた。必要性を説明し、テレビの角度を変えることで手すりを設置させてもらう。

治療としては褥瘡部以外のマッサージと膝を中心とした関節可動域訓練。ベッド上での下肢筋力強化訓練と座位バランス訓練を行う。起き上がりは急に行うとめまいが出る可能性があるので背上げを使い少しずつ座位に近づけていき眼振なども確認しながら座るようにした。週3回訪問。

経過

自身で寝返りが出来るようになったこともあり開始3ヶ月で褥瘡の状態は良好。座位の時間が増えたことで起立性のめまいも減った。家族の介護負担が大きいためショートステイも利用開始。ただ、痛みや不調でリハビリは思うように行なえず寝返り以外はADLにあまり変化が見られない。粘り強く治療していく。

考察

褥瘡がある患者さんは治療の前に褥瘡になってしまった原因を考え再発しない環境づくりをすることが早急に必要となる。今回も、すぐに福祉用具事業所と相談し手すりなどの変更を行った。意識があるが寝たきりの人はどれだけ日常的に座位を取れるように出来ることをゴールとし、そのためには何が必要かを考えながら治療を行っている。

脳出血で寝たきりの訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 男性 施設入居 要介護4

導入経緯

寝たきり状態で褥瘡も出来てしまい、拘縮が進んでいた。リハビリが出来ておらずケアマネジャーから依頼があった。

ADLの状況

日中寝たきりで、痙性麻痺のため患側の拘縮強く自分で動くことは難しい。お話はされないが、うなずきなどで意思表示は出来る。小便はバルーン対応。食事の際は車椅子に座り介助してもらいながらご自身で食べることも出来る。仙骨部に褥瘡あり、手指も赤みが出てきている。処置のため訪問看護を利用。

治療内容

全身のマッサージと関節可動域訓練。施設職員さんから股関節の緊張が強くオムツ替えが大変とのお話があったので、ここを重点的に行う。関節可動域訓練は仰向けで行うと褥瘡が悪化する可能性があるため横向きで行う。合わせて、端座位訓練で全身の筋緊張低下を目指す。この際も褥瘡部に負担がかからないよう注意した。

職員さんより、介護用クッションの当て方や移乗方法、安定座位の方法など相談があったのでそれぞれお伝えした。特に介護用クッションの当て方は重要で、良肢位を取るため効果的に利用するにはコツがあるため写真を撮って共有してもらった。週2回訪問。

経過

治療開始してすぐに車椅子で座った時の傾きが減り、飲み込みが良くなったためか食事のスピードが上がった。褥瘡は2ヶ月ほどで完治したため、控えめに行っていた関節可動域訓練や端座位訓練もしっかり行うようにした。

日中も座る時間が増えたことで傾きがなくなり、全身の筋緊張も低下。オムツ替えも以前より楽に出来るようになったと話があった。

その後、誤嚥による入院がありADL低下。拘縮の悪化予防と褥瘡予防を一番の目的として治療を行う。

考察

寝たきり状態であったが、意思疎通が出来たためある程度の回復が見られた。反応が全くない方だと維持は出来ても改善は難しい。介護施設では職員さんから色々相談を頂くことが多いので、普段からセミナー等に参加して最新の知識を取り入れるよう取り組んでいる。

脳梗塞で寝たきりの訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 女性 旦那さんと同居

導入経緯

以前から週5回訪問マッサージを利用していたがADL変化なく介護されている娘様が他事業所を探していた。訪問していた看護師の勧めで相談があった。

ADLの状況

脳梗塞になってからは、端座位(ベッド上での座位)難しく腰の痛みもあり自宅では寝たきり。施設利用時には車椅子に座っているが、痛みが強くなると横になっている。寝返りや立位など全介助。弛緩性麻痺で患側の回復は難しい状況。

治療内容

介護は基本娘様が行っており、少しでも介護負担を減らすため残存機能の活用を考えた。健側はある程度動かすことが出来るため、横向きの自立や端座位の安定、立つ際に力を入れて頂けることを目指した。週5回の訪問希望があったが、週3回の訪問で効果が出ることをお伝えし開始した。

治療は、全身のマッサージとベッド上での筋力強化訓練、端座位でのバランス訓練を行った。姿勢を変える際には、出来るだけ手伝わずご本人様に動いて頂くことで、麻痺での動きを習得し自分で出来ると自信をつけて頂くよう務めた。

また、車椅子に座るとお尻がずれて尾骨部に圧が集中してしまい過去に褥瘡になったことがある。当院から、クッションを利用した滑りづらい座位保持をお伝えしデイサービス利用時などに実施して頂いた。

経過

開始半年までで、健側への横向きは自立、患側は半側臥位まで可能になった。端座位はエアマット上でも調子が良ければ数十秒座ることが出来るようになり、希望されていた温泉旅行もご家族で行かれた。

1年後には端座位の時間が伸び、立位の介助が楽に出来るようになり介助の負担が減ったと喜んで頂けた。褥瘡については尾骨部に圧がかからなくなり赤みも引いたため心配ない状態。

今後も少しずつですがADLの回復・維持を目指して協力していく予定。

考察

ご本人様の回復意欲は低い方でしたが、前向きな娘様の協力もあり拒否少なくリハビリ出来たことがいい結果に繋がった。また、長期の入院や休みなく少しずつ積み重ねられれば寝たきりの方でも効果を出すことが出来ると教えて頂いた。介護度が重くとも本人の意欲やご家族の協力があればADLの改善を諦めずに訪問していきたい。

脳梗塞認知症で寝たきりの訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

90代 女性 娘さんと同居

導入経緯

数年前から認知症の悪化とともに寝たきりに。時折車椅子に座っていたが、それが原因で褥瘡が発生。これ以上褥瘡、四肢の拘縮を悪化させないためにケアマネジャーより依頼あり。

ADLの状況

本人と意思疎通は出来ず、自発的に体を動かして頂くことは出来ない。入浴以外は希望によりご家族が介護を担われている。

治療内容

寝たきりの方の褥瘡や拘縮予防には①寝姿勢での体圧分散②足を地面につけた状態での座位訓練、が重要になってくる。もちろん、全身のマッサージと関節可動域訓練も平行して行った。週2回訪問。

①ご自宅にクッションがたくさんあったので首や肩、お尻や足にクッションを入れ体圧分散を行う。そうすると、ご本人の緊張が取れ(力が抜け)るのでご家族に確認して頂き効果を知ってもらう。これを普段から続けることが重要なため、ご家族にお教えし普段から実施してもらう。

②足の裏を地面につけた座位姿勢を取ることで全身の緊張が取れ、座るだけでも筋肉を動かすことになる。めまいにだけ注意しながら、この状態で前後左右に揺らすことでより効果が得られる。こちらもご家族の希望により安全に行える方法をお教えし実施して頂いた。

経過

新しく褥瘡が出来ることなく拘縮も悪化せず状態を維持することが出来た。

考察

本当に寝たきりになってしまうと、これ以上出来ることがなさそうに感じられるがそんなことはない。ご家族や介護者の負担を減らすためにも、拘縮や褥瘡の改善予防は非常に重要と考える。そのために、普段からどれだけ力を抜けるようにするかが重要になってくる。

今回のようにご家族が積極的で、負担が大きくない場合はお手伝いをお願いしている。当院が関われるのは1週間の内で1時間前後。残りの時間をどのように過ごして頂くかは重要であり、結果的に家族の負担軽減にも繋がると考えています。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ