名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

麻痺

脳梗塞後遺症の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 男性 奥さんと同居 要介護3

導入経緯

脳梗塞発症しリハビリ病院から退院となるが、歩行は難しく痛みもあるためご家族の介護負担も心配された。デイケア以外の改善手段としてケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

痙性麻痺でマンウェルニッケ肢位。杖などを使っても歩行は難しい。立位は装具をつけて可能だがバランス悪く膝の痛みもあるため短時間しか行えない。麻痺側足の甲に浮腫みが見られる。健側の負担が大きく手首の腱鞘炎や膝の痛みが強い。

夜間も含めポータブルトイレ使用しているがそのたびにご家族の介助が必要となり負担が大きくなっている。デイケア週3回利用している。本人が良くなりたい気持ち強く、運動量が多くなっており疲れが見える。

治療内容

介護ベッドの高さが体に対して低く設定されていたため、高さ調整し膝の負担軽減も含め楽な立位が出来るように。ポータブルトイレの位置も、最短の動きで済むように配置変更。ご家族ともお話をしてまずはトイレ使用時の介護負担軽減を目指すことにする。

そのために、全身のマッサージで疲れや負担を軽減。関節可動域訓練で拘縮予防。立位では麻痺側への荷重訓練を中心に行い健側の負担軽減及びバランスの安定を目指した。週3回訪問。

経過

開始後半年ほどで、膝以外の痛みはほとんどなくなり足の浮腫も見られなくなった。ポータブルトイレへの移乗を自立で行えるようなりご家族の負担も軽減された。

今後として、装具や衣服の着脱が一人で難しいため夜間のトイレ利用はご家族の助けが必要となっている。衣服や下着を介護用の物に変更を提案したが本人と家族の要望によりそちらは普通のものを使用するとのこと。

そのため、夜間も装具を使用すれば手放しでの立位保持が出来るため通常のメニューに加え装具の着脱練習も行っていく。

考察

当初から目標設定がしっかり出来ており、本人の意欲も強いため改善が見られた。片麻痺で健側に痛みが出る場合は立ち上がりなどの動きがおかしくなっているか、運動量が多くなりすぎている可能性が高いため注意が必要。デイケアでは訪問時に行っていたい運動もしていたので、運動内容の確認や担当者会議でのすり合わせを行った。

脳出血麻痺の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

60代 女性 息子さんと同居 要介護4

導入経緯

脳出血から退院後デイケアを中心にリハビリを行っていたが、頑張りすぎもあり肩と足に痛みが強く出るようになった。このまま痛みがあるようでは運動が行えないためケアマネジャーより痛みの改善と運動指導を目的に依頼があった。怖さがあるということで女性施術者希望であったが、お会いしたところ本人に受け入れて頂け訪問となった。

ADLの状況

脳出血による弛緩性麻痺。デイケアでは平行棒を使っての歩行訓練などを行っている。家の中での移動は車椅子。トイレや着替えなどは自立している。夜になると麻痺側の肩・足に痛みが強くなる。うつ症状があり口数少ない。

治療内容

痛みは日常動作の大きな負荷が原因と考えベッドの高さを確認。低めの設定だったため、高くすることで立ち上がりがしやすくなった。

うつ症状があり、痛みが強いため訪問開始してしばらくは痛みの改善も含めマッサージ中心の治療。その間に会話をすることで関係構築を進める。その後、麻痺側のタッピングを用いながらの関節可動域訓練、麻痺側下肢の筋力強化・荷重訓練を中心に行う。週2回訪問。

経過

2ヶ月後、肩の痛みが減り可動域向上したため着替え動作がスムーズに。ただ、寒い時期に入り足の痛みが強くなってしまったことや運動過多も考えられるためデイでの歩行訓練を中止。マッサージで痛みの軽減は見られるためその日の痛みに合わせてマッサージと運動の量を調整するようにする。

1年後足の上がりなどは改善見られるが歩行訓練は再開出来ず、少しずつの改善を目指す。

考察

脳卒中の中でも弛緩性麻痺は痛みが出やすく力が入らないため改善には時間がかかるケースが多い。また、うつ症状により不安が強い方のためリハビリの進め方も慎重に行うことになる。ただ、若い方のため入院などがなく地道にリハビリを行うことが出来ればADLの改善は見込まれると考えている。

認知症で脳梗塞の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 女性 旦那さんと同居 要介護3

導入経緯

5年前に脳梗塞を発症。その後2度の入院があり、少しずつ状態が悪化。退院後寝ている時間が多く昼夜逆転もありご家族の介護負担が大きくなってきたため、ADL向上を目的にケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

確認したところ、筋力は歩行器を使っての歩行が出来るレベルにある。しかし、立ち上がりでも介助してもらっている。歩行では健側に体重がかかり麻痺側を引きずるような歩きが見られ長距離の歩行は難しい。

本人の意欲が低く認知症もあるためこちらの言葉が思ったとおりに伝わらず、構音障害もあるためコミュニケーションが難しい。食事はリビングに行くのは面倒ということでベッドでの食事が多い。慢性的な便秘がある。

治療内容

昼夜逆転の改善、腹圧をかけることでの便秘解消、ADL維持を目的とし出来るだけ座っている時間を増やして頂くようご家族に伝える。介護負担を減らすため、まずは立ち上がり改善に着手。ベッドの高さを本人に合わせ、楽に立てる状態で立位訓練を行う。

車椅子への移乗は介助が必要なためご家族に負担の少ない介助方法をお教えした。便秘が続く場合は腹部マッサージも行う。もちろん、全身のマサージとリハビリ運動や歩行訓練、特に麻痺側の臀筋強化を中心に行った。週2回訪問。

経過

開始1ヶ月は順調で昼夜逆転が減り、食事もご家族と摂られるようになって口数も増えていった。しかし、生活の中でご家族が目を離すとお一人で動かれることが多く何度か転倒し、痛みがある間は運動を中止。その後感染症で入院があり歩行は難しくなる。

週3回訪問に治療日数を増やし改善を目指したが寒さによる筋緊張の増大と認知症の進行がありベッドで過ごされることが増える。結果、ご家族の負担も初回訪問時より増えてしまった。その後ショートステイを利用しながらの治療であったが、再度感染症があり現在入院中。

考察

麻痺、認知症、80歳以上という条件があるとどうしても改善するのが難しくなってくる。この方は麻痺が軽かったため改善の見込みがあったが、認知症状に合わせたケアが適切だったのか、ADLの改善がベストの選択だったのかということを考えなおさなくてはいけない。

脳出血で麻痺の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 男性 奥さんと同居 要介護3

導入経緯

脳出血で入院しリハビリ終了。退院後のリハビリ活動に介護保険点数が多く使えないことと本人の改善したい気持ちが強いため、健康保険の訪問リハビリマッサージの依頼がケアマネジャーよりあった。

ADLの状況

弛緩性麻痺(力が入らない麻痺)が残っており、肩や肘に痛みあり。立ち上がりまでは行えるが、歩行は装具をつけバーにつかまり見守りが必要な状態。外出は車椅子を使用。健側の力はかなり強い。

治療内容

全身マッサージを行いながら、麻痺側を中心に筋力強化訓練や関節可動域訓練を実施。その後立位での荷重訓練を行い足の運びや横への転倒防止を目的とした。ベッド上や座ってのリハビリ運動にはボールを使用し本人が自主訓練を行える内容にした。

立位の運動では鏡を利用しご自身で動きを確認しながら行い、足元にも目印を作り動きのコントロール改善を目的とした。日によって便秘があるため、お腹のマッサージを行い排便を促すようにした。

経過

本人も前向きに取り組んでいただけ、半年後には歩行状態改善しお一人でのトイレ利用も行えるようになった。しかし、大腸に病気があり食欲不振での体力低下や、数度に渡る入院でADLが徐々に低下。数年で立ち上がりが精一杯になり施設へ入所。治療終了となった。

考察

脳出血の場合は弛緩性麻痺という症状になりやすい。痙性(けいせい)麻痺が力が入り関節が動きづらい状態であれば、弛緩性麻痺は力が全く入らず動かせない状態。弛緩性麻痺は痛みが出やすく力が入らないため体を支えづらく、痙性麻痺に比べADLの改善が難しい傾向にあるように感じている。麻痺で感覚がないためリハビリ運動時には道具を使い見た目でわかるようにする工夫が必要となってくる。

高齢の場合入院すると元の状態に戻るのに入院した倍の期間が必要になり、繰り返すと本人のモチベーションも下がり維持も難しくなってくる。そのため、看護師などとも連携し早期に異変を察知し対応することも重要と考えている。

60代で脳梗塞の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

60代 女性 独居 要介護2

導入経緯

脳梗塞にて入院しリハビリが終了。帰宅となるが保険点数の兼ね合いで毎日リハビリ指導を受けることが出来ないが、本人は良くなりたいという希望が強い。そんな中、健康保険で利用できる訪問マッサージということでケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

麻痺は残っており、患側の腕は自力での曲げ伸ばしは無理。足は分離運動が出来ず突っ張った状態。ただし単純な下肢の曲げ伸ばしは十分な筋力がある。杖歩行可能。ほとんどの日常動作は自立しているが、今以上に良くなりたいという想いが強い。

治療内容

本人の一番の希望は歩行の安定なため下肢の改善を一番に目指すこととした。単純な筋力は十分にあるため、分離運動(それぞれの関節が自由に動く)の獲得や筋緊張の緩和、バランス能力の獲得に関係するリハビリ運動を行った。

具体的には、マッサージからの関節可動域訓練、ストレッチ、座位での下肢運動、立位での前後左右への荷重訓練など。合わせてデイケアの先生と連携しそちらで腕のリハビリを中心に行うこととした。週3回訪問。

経過

本人のモチベーションが高く、自主練習としてお伝えした運動もしっかりと行って頂いた結果少しずつだが確実に回復していった。途中転倒もあったが大事にはいたらず半年後には分離運動も出来るようになり、歩行が安定。痺れもほとんど気にならないレベルになった。手指の動きと長距離の歩行が改善するよう引き続き治療を行っていく。

考察

60代と比較的若かったため退院後も少しずつ改善が見られた。経験的に70代までは脳梗塞などの後遺症でも内臓が無事であれば回復の見込みがあると感じている。

若い方の場合は、運動をやりすぎて痛みが出たり怪我をすることが多いためそちらに注意が必要。曲げすぎる屈伸運動や、体の軸が崩れた運動を行っていることがあるので、自主的に行っている運動の確認も定期的に行う必要がある。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ