名古屋の在宅訪問マッサージ・リハビリマッサージのふくぎ治療院が綴るノウハウブログ


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の在宅訪問マッサージ・リハビリマッサージのふくぎ治療院が綴るノウハウブログ

menu

tel

お問い合わせ

患者様の声

ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 出産時、鍼灸師の男は何が出来るか
2014年05月29日

出産時、鍼灸師の男は何が出来るか

妊婦である妻のケアと共に、活法でどのような協力が出来るのかを書いてきましたが、2013年8月28日無事に娘が産まれました。

思えば、活法を始めた理由も活法で妊婦ケアしようと思った理由も鍼灸養気院の栗原先生の影響でした。ここまで来たら、栗原先生の「鍼灸師とお産」シリーズのオマージュとして私も出産前後の様子をつづってみたいと思います。

出産時に無力な男からの脱却

s-手つなぎ

テレビなどで男性が出産立ち会い後にコメントを求められ「何をしていいかわからず、手を握ることしか出来ませんでした」「見ていられなくて泣いちゃいました」なんて言葉を聞いたことがあります。その果て女性には「痛がってるのに余計な質問してきて迷惑だった」なんて言われた日にゃ男の立つ瀬がございません。そんな、男が立ち入れない絶対領域出産に鍼灸師として、と言うより鍼灸師だからこそ妻の力になれるのではないかと妊娠前から思っていました。

そう思わせてくれたのは「出産は痛そうだから怖い」「出産する自信がない」という妻の言葉でした。私は「俺がいるから大丈夫!治療で絶対なんとか出来る!」と言いました。その後必死にその方法を考えたのは内緒ですw

方法を考えた中でたどり着いたのが、先にも書いた「鍼灸師とお産」シリーズでした。この中で、栗原先生が出産前の奥様に治療を行っている様子を読んで「これなら妻に協力できる!ただ見てるだけの男とはおさらばだ!」と思ったものです。

フリースタイルの出産に挑戦

妊娠後、妻の実家にほど近い「名古屋市立西部医療センター」でフリースタイルの出産が行えることを知り予約しました。フリースタイル分娩とは分娩台などを使わず自分の楽な姿勢で出産する方法で、これであれば出産前に治療がしやすく妻も楽なのではないかと考えたのです。病院の先生は出産前の治療をあっさりと了承してくれました。

これで舞台は整いました。出産前までしっかりと治療をしてきました。準備は出来た、あとはやるだけだ!漢を魅せろ、俺!

熱くなっている横で鼻歌を歌う妻に、その時はやってくるのでした。

つづく

コメント

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

おすすめの記事

同じカテゴリーの記事を見る

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ

css.php