名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

  • TOP
  • 治療症例
  • 脳出血で麻痺の訪問リハビリマッサージ症例

脳出血で麻痺の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 男性 奥さんと同居 要介護3

導入経緯

脳出血で入院しリハビリ終了。退院後のリハビリ活動に介護保険点数が多く使えないことと本人の改善したい気持ちが強いため、健康保険の訪問リハビリマッサージの依頼がケアマネジャーよりあった。

ADLの状況

弛緩性麻痺(力が入らない麻痺)が残っており、肩や肘に痛みあり。立ち上がりまでは行えるが、歩行は装具をつけバーにつかまり見守りが必要な状態。外出は車椅子を使用。健側の力はかなり強い。

治療内容

全身マッサージを行いながら、麻痺側を中心に筋力強化訓練や関節可動域訓練を実施。その後立位での荷重訓練を行い足の運びや横への転倒防止を目的とした。ベッド上や座ってのリハビリ運動にはボールを使用し本人が自主訓練を行える内容にした。

立位の運動では鏡を利用しご自身で動きを確認しながら行い、足元にも目印を作り動きのコントロール改善を目的とした。日によって便秘があるため、お腹のマッサージを行い排便を促すようにした。

経過

本人も前向きに取り組んでいただけ、半年後には歩行状態改善しお一人でのトイレ利用も行えるようになった。しかし、大腸に病気があり食欲不振での体力低下や、数度に渡る入院でADLが徐々に低下。数年で立ち上がりが精一杯になり施設へ入所。治療終了となった。

考察

脳出血の場合は弛緩性麻痺という症状になりやすい。痙性(けいせい)麻痺が力が入り関節が動きづらい状態であれば、弛緩性麻痺は力が全く入らず動かせない状態。弛緩性麻痺は痛みが出やすく力が入らないため体を支えづらく、痙性麻痺に比べADLの改善が難しい傾向にあるように感じている。麻痺で感覚がないためリハビリ運動時には道具を使い見た目でわかるようにする工夫が必要となってくる。

高齢の場合入院すると元の状態に戻るのに入院した倍の期間が必要になり、繰り返すと本人のモチベーションも下がり維持も難しくなってくる。そのため、看護師などとも連携し早期に異変を察知し対応することも重要と考えている。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ