名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院


TEL.080-7721-7792 お問い合わせ

名古屋の脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、大腿骨骨折などの訪問リハビリマッサージはふくぎ治療院

menu

tel

お問い合わせ

治療症例

治療症例

脳梗塞・脳出血

変形性膝関節症の訪問鍼灸マッサージ症例

病名・症状
患者情報

90代 女性 独居 要介護1

導入経緯

以前から膝を中心とした痛みがあり、弱視のため一人での外出が難しいため訪問治療を受けていた。しかし、治療師が本人とのトラブルもあり急に訪問を中止。代わりの事業所としてケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

変形性膝関節症の痛みがあり長距離の歩行は難しいが、屋内では問題ない。弱視のため、外出は付き添いが必要だが家族での対応も難しくほとんど行っていない。脳梗塞については上下肢に軽い麻痺があるが日常生活に支障はない程度。便秘があり座薬を常用しているが、薬による急激な便意で排泄に失敗してからは使用を控えるようになった。

治療内容

マッサージを中心とした膝の痛み及び麻痺による痺れを軽減を目指す。歩行能力維持のために運動も提案したが、膝の痛みに集中してほしい本人の希望ありお尻上げなど最低限の内容にとどめた。便秘についてはお腹のマッサージを行った。週2回訪問。

経過

治療開始から半年後に本人の希望もあり鍼灸治療も保険を利用しながら平行して開始。膝の痛みかなり改善。定期的な排便があり、薬の使用は年数回で済むようになった。回復に合わせてずっと拒否があったデイサービスも利用開始。入浴に不安があったが、解消された。

2年後転倒があり腰椎骨折。退院したがお尻の痛みが強く歩行は短距離のみ。現在はお尻の痛み改善を中心とした鍼灸マッサージを行いトイレ利用訓練などADL改善のための運動を行っている。週3回訪問に。

考察

マッサージと鍼灸の保険は同時に利用することも可能で、特に痛みの強い方や早期の回復を希望される方に併用治療を提供している。特に膝の痛いや五十肩のような直接患部をマッサージすると痛みがあるような症状には、鍼灸で遠隔からの刺激が非常に有効となってくる。

デイサービスなど利用されないことでご家族の負担が大きくなるケースも多くあるため、訪問の中で関係構築をしながら必要性や有効性を理解して頂き利用を促すケースもよくあります。

脳梗塞後遺症の訪問リハビリマッサージ症例

病名・症状
患者情報

80代 男性 奥さんと同居 要介護3

導入経緯

脳梗塞発症しリハビリ病院から退院となるが、歩行は難しく痛みもあるためご家族の介護負担も心配された。デイケア以外の改善手段としてケアマネジャーより依頼があった。

ADLの状況

痙性麻痺でマンウェルニッケ肢位。杖などを使っても歩行は難しい。立位は装具をつけて可能だがバランス悪く膝の痛みもあるため短時間しか行えない。麻痺側足の甲に浮腫みが見られる。健側の負担が大きく手首の腱鞘炎や膝の痛みが強い。

夜間も含めポータブルトイレ使用しているがそのたびにご家族の介助が必要となり負担が大きくなっている。デイケア週3回利用している。本人が良くなりたい気持ち強く、運動量が多くなっており疲れが見える。

治療内容

介護ベッドの高さが体に対して低く設定されていたため、高さ調整し膝の負担軽減も含め楽な立位が出来るように。ポータブルトイレの位置も、最短の動きで済むように配置変更。ご家族ともお話をしてまずはトイレ使用時の介護負担軽減を目指すことにする。

そのために、全身のマッサージで疲れや負担を軽減。関節可動域訓練で拘縮予防。立位では麻痺側への荷重訓練を中心に行い健側の負担軽減及びバランスの安定を目指した。週3回訪問。

経過

開始後半年ほどで、膝以外の痛みはほとんどなくなり足の浮腫も見られなくなった。ポータブルトイレへの移乗を自立で行えるようなりご家族の負担も軽減された。

今後として、装具や衣服の着脱が一人で難しいため夜間のトイレ利用はご家族の助けが必要となっている。衣服や下着を介護用の物に変更を提案したが本人と家族の要望によりそちらは普通のものを使用するとのこと。

そのため、夜間も装具を使用すれば手放しでの立位保持が出来るため通常のメニューに加え装具の着脱練習も行っていく。

考察

当初から目標設定がしっかり出来ており、本人の意欲も強いため改善が見られた。片麻痺で健側に痛みが出る場合は立ち上がりなどの動きがおかしくなっているか、運動量が多くなりすぎている可能性が高いため注意が必要。デイケアでは訪問時に行っていたい運動もしていたので、運動内容の確認や担当者会議でのすり合わせを行った。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL.080-7721-7792お問い合わせ